SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Doctor / 日本未公開 (2013) (TV)

Cast >> Julius Erving, Chuck D (Narrator), Magic Johnson, Todd Boyd, Pat Riley, Leon Saunders, Bill Walton, Michael Cooper, Maurice Cheeks, Charles Barkley ...
Director >> Zak Levitt
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 5

”The Greatness meets Class"
1971年にABAのチームに所属してからずっとトップを走り続けたドクターJ事、ジュリアス・アーヴィングの選手生活16年と、プライベートにも追うドキュメンタリー。

ジョーダンが誕生する前のジョーダンだった。このドキュメンタリーで誰かがそう言っていた。そして今のMVPレブロン・ジェームスは「ジョーダンのプレイを見て憧れた。そのジョーダンが憧れ、モデルにした人物。彼が居なかったらジョーダンは居ないし、ジョーダンが居なかったら俺はいない」と語っている。ドクターJは、NBAではなくABAでキャリアをスタートさせているが、ドクターJこそが今のNBAの基礎を作ったと言っても言い過ぎではない。エンターテイメント性溢れる、あの記憶に残るダンクの数々。そして彼のトレードマークでもあったアフロに代表されるファッション性。「クールという言葉を70年代に調べようと辞書を引けば、そこにはドクターJを見ろと書いてあった筈さ」と、トッド・ボイドは言う。しかも彼には品があった。なのにドクターJは、ストリート・バスケの面白さをプロのコートで披露した人物でもある。

最後には63歳という年齢で、今のリーグの誰よりも美しいダンクを見せてくれるドクターJ。あの1976年のフリースローラインからのダンクと変わりない、絵になる偉大な選手である。

(6/12/13:TV放映にて鑑賞)