SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Lifeboat / 救命艇 (1944)

Cast >> Tallulah Bankhead (Constance 'Connie' Porter), William Bendix (Gus Smith), Walter Slezak (Willy), Mary Anderson (Alice MacKenzie), John Hodiak (John Kovac), Henry Hull (Charles S. Rittenhouse), Heather Angel (Mrs. Higgins), Hume Cronyn (Stanley 'Sparks' Garett), Canada Lee (George 'Joe' Spencer) ...
Director >> Alfred Hitchcock
Writer >> John Steinbeck (by), Jo Swerling (screenplay), Ben Hecht, Alfred Hitchcock (story idea)
Producer >> Alfred Hitchcock , Kenneth Macgowan
Genre >> Thriller

総合ポイント5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Dying together's even more personal than living together."
第2次世界大戦中、一艘の客船が沈没していた。一艘の救命艇に乗っていたのが、ジャーナリストのコニー(タルーラ・バンクヘッド)だった。彼女は自分のトランクとタイプライターにカメラも持っていた。そこに命からがらたどり着いたのが、コバック(ジョン・ホディアク)、ギャレット(ヒューム・クローニン)、ナースのアリス(メアリー・アンダーソン)、そして足を負傷したガス(ウィリアム・ベンディックス)、ジョー(カナダ・リー)等が、コニーが乗っている救命艇に辿りついた。そしてもう一人、ドイツ人ウィリー(ウォルター・スレザック)も辿りついた。彼らが乗っていた客船はドイツのUボートによって破壊され沈没していたのだった...

巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督、そしてアメリカ文学を代表するジョン・スタインベックが原作の作品。その二人が組んだら、とんでもない名作となるのは当たり前なのだ。海は果てしなく続く。しかしその巨大な空間なのに、救命艇という小さな空間で繰り広げられる密室劇。それだけで、生存者達の悲壮感が漂う。主演のタルーラ・バンクヘッドの妖艶なバッドガールのカッコ良さ、反対にアリスを演じたメアリー・アンダーソンの可憐さも忘れられない。そして乗り込んできた生存者達がそれぞれに物語を秘めていて、それらが明らかになっていくのが面白い。

アメリカらしい巨大で偉大な物が詰まっている名作。

(5/11/13:DVDにて鑑賞)