SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

America, America / アメリカ アメリカ (1963) 1090本目

私、今でも忘れられない映画があるのですが、そのタイトルが分からず、ずっと探しているのですが、未だに分からないんです。で、多分この映画じゃないだろうか?と思ったのが、エリア・カザンのこの映画なんです。でも違ったーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!20年近く、この映画だろうと信じてきたのに... 物凄く脱落。もっと早くに観ればよかったんだけど、中々メディアで見つける事が出来ずに、今。そして大きな落胆... でもこの映画はこの映画で、さすがに面白かった。

トルコに住むギリシャ人一家のお話。この一家はあまり裕福ではない。一家の長男スタブロスは、アルメニア系の友人とつるんでいたけど、両親から「アルメニア人とはつるむな!」と激怒される。でもその友人からアメリカという国がいかに素晴らしいか聞いていて、いずれスタブロスもアメリカに行く事を夢見る。両親はスタブロスが都市コンスタンチノーブルで成功してくれるだろうと、全財産を託す。しかし途中で追剥に騙されて全財産取られてしまう。なんとかコンスタンチノーブルに着き、いとこをあてにするが冷たく扱われ、日雇いの肉体労働で頑張るも、9か月分の給料を娼婦に取られ、また無一文。苦い経験から、革命に参加するも失敗。裕福な一家の娘に気に入られて、結婚...と思いきや、結婚したらアメリカ行けない!と、素敵な奥さんから離れてしまう。

と、中々アメリカに行くというだけでも苦労するんですね。今みたいに、ちょっとお金貯めれば行ける世の中じゃなかった。スタブロスがアメリカ人と結婚した女性から、アメリカの雑誌とか新聞を夢中になって読むシーンがあるんだけど、私も小さい頃からアメリカ好きだったから、分かるわー!と共感できた。っていうか、私もスタブロスと同じく移民だしね。

監督エリア・カザンのおじから聞いた話を元に書いた小説を映画化した作品。アメリカで暮らし、移民として生活するっていう事はこういう事よねーと、改めて思わされました。さ、明日からまたがんばろ。

ってその前にー!私が探している作品、ご存知の方いらっしゃいませんか?私が映画という物で一番最初に泣いた作品なんです!私が小さい頃なんで、確実に1970年前の作品で、白黒だったと思うんだけど、なにせ小さい頃からの記憶なので曖昧。もしかしたらカラーだったかも?と最近は思ってます。確実なのは、日本でTV放送されたという事。このように船(またはボート)でアメリカ(だったと思う)に向かい、その船では食べる物も飲む物もなくて、みんなグッタリしていて、もうだめーーー!限界ーーー!って時に、恵みの雨が降ってきて、人々の表情が和らぐというシーンがあるんです。そこで号泣したんです、私。ヒッチコックの「救命艇」かな?とも思ったんですが、そんな感動シーンありますかね?「二十七人の漂流者」かな?とも思ったんですが、なんかちょっと違う気がしないでもない。知っている方&この映画そうかも?って方、本当に何でもいいから教えてー!こちらこちらまで。お願いします!

(5点満点:2/22/13:DVDにて鑑賞)