SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Red / RED/レッド (2010)

Cast >> Bruce Willis (Frank Moses), Mary-Louise Parker (Sarah), Morgan Freeman (Joe Matheson), Karl Urban (William Cooper), Helen Mirren (Victoria), John Malkovich (Marvin Boggs), Brian Cox (Ivan Simanov), Richard Dreyfuss (Alexander Dunning) ...
Director >> Robert Schwentke
Writer >> Warren Ellis (story and characters), Cully Hamner (illustration), Erich Hoeber, Jon Hoeber
Producer >> Lorenzo di Bonaventura, Mark Vahradian
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Still ACE(Active Classic Entertainers)
クリーブランドの町で引退し何もする事のないフランク(ブルース・ウィリス)は、年金課のサラ(メアリー・ルイーズ・パーカー)との電話での会話が唯一の楽しみだった。彼女から勧められたハーレクインすら読んでいた。しかし突然フランクの家に男達がやってきて、フランクを殺そうそした。しかしフランクは彼らを簡単に始末してしまう。フランクは優秀なCIAエージェントだったのだ。フランクは電話も盗聴されているだろうと、サラを間一髪で救い出すが、サラにとっては全く信じられない話であった。その時がサラとフランクの初対面だった...

ヘレン・ミレンモーガン・フリーマンジョン・マルコヴィッチリチャード・ドレイファス、そしてアーネスト・ボーグナイン。オスカー候補、またはオスカー功労賞として今すぐに名前が挙がっても違和感の無い人々の名前が並ぶ。しかし「オスカー」を感じさせる高貴な作品では決してない。しかしこれらの人々の名前が並んで、面白くない訳がない。優れた作品ではないけれど、断然に楽しめる映画。オスカー俳優達が実に楽しんで映画を作った感じが出ていて面白い。アーネスト・ボーグナインは92歳!こんな(失礼だけど)年寄りばかりなのに、原作のグラフィックノベルの空想が生きているアクションも見れるのも面白い。

だからといって、年寄りがガツガツ無理して頑張っている訳でもないし、今の若い子達は...という説教臭さが無いのがこの映画の面白さ。彼らはまだまだ現役なのだ。

(2/4/11:DVDにて鑑賞)