SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cry, the Beloved Country / 泣け!愛する祖国よ (1951)

Cast >> Canada Lee (Stephen Kumalo), Charles Carson (James Jarvis), Sidney Poitier (Reverend Msimangu) ...
Director >> Zoltan Korda
Writer >> Alan Paton, John Howard Lawson
Producer >> Zoltan Korda, Alan Paton
Genre >> Drama
Country >> UK

総合ポイント4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

Dignity
南アフリカの田舎で牧師をしているクマロ(カナダ・リー)の元にヨハネスブルクから一通の手紙が届いた。妹ガートルードを助け、息子のアブサロムの行方を捜して欲しいとの事だった。すぐにヨハネスブルクに向い、教会の若い神父(シドニー・ポワチエ)がクマロを助け、妹の変わり果てた姿に驚き、そして息子がトラブルに巻き込まれているのが分かった。そんな中、クマロと同じ地域に住んでいる裕福な白人一家のジェームスは息子がヨハネスブルクで殺された事を知った。

名優カナダ・リーの遺作であり、後の名優シドニー・ポワチエの2作目になる。原作はアラン・ペイトン。撮影はアパルトヘイト政策が始まったばかりの緊張感ある南アフリカで行われた。カナダ・リーとシドニー・ポワチエアメリカからはるばるやって来たが、都会のホテルには泊まれなかった。インド人の運転手が毎日何時間も掛けて送り迎えしていた程。そしてカナダ・リーはハリウッドの赤狩りで干されたばかりで、この南アフリカにやってきた。ホテルにも泊まれないリーとポワチエは親交深め、まだ駆け出しのポワチエに様々な事を教えたという。そのカナダ・リーの牧師であり父親である姿が素晴らしい。牧師として父親として威厳を保ちながらも、どことなく田舎から出てきた感じも出ている。どうも助けたくなるのだ。そしてシドニー・ポワチエからも助けたいという感じが伝わってくる。そしてもう2作目でいつもの英雄的なシドニー・ポワチエが既に完成されているのが凄い。

名優2人が素晴らしい爪あとを残している。そして、歴史の悲哀を見事に印象づけている。活動家であり、俳優だったからこその名演技がこれで観れる。

(2/21/13:ビデオにて鑑賞)