SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hard Luck / ハード・ラック (2006) (Video) 1108本目

ウェズリー・スナイプス出所祝いナイト4夜目。つーか、この映画もっと早く観ておけば良かった。前にレンタル落ちの中古を見つけて、買ったと思っていたら買ってなかった。
多くの人には分かんねーだろうなーという作品。アメリカの批評家には「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」系の映画で云々と書いていた全くの勘違い親父が居た。どこに「ボーイズン」の要素あった??え??違うんだよ!「New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)」でしょ!!なんでそれが出てこないのー!!完全に「ニュー・ジャック・シティ」の同窓会。主演がウェズリー・スナイプス、監督がマリオ・ヴァン・ピープルズだもん。しかもさ、それだけじゃないんだよね。マリオは完全にそれを意識しているし、台詞とかにもバンバンそれを仕込んでくる訳。まあ設定もそうだよね。名前こそラッキーに変わっているけれど、長年何か悪さして監獄暮らし。出所するけど、全てを失い、昔住んでいたニューヨークに戻る。そこでは若いストリートの連中が、なぜかラッキーを憧れの目で迎える。本人は立ち直ろうとするけど、周りがそうはさせてくれず、ハメられる。で、なぜかヒスパニックのストリッパーと逃亡。トムとジェリー、仲良く喧嘩しな!状態で、そのストリッパーと喧嘩しながらロードムービー。彼等が向かった先には、ノコギリ歯殺人鬼が居て、なぜかしがないダイナーで彼等が遭遇。追っていたのが、ストーンじゃなくって、マリオ・ヴァン・ピープルズが演じているデービス・キャプテン。しかもデービスはラッキーとの間に長い歴史があるようで、ラッキーを執拗に追っている。ほーら、「ニュー・ジャック・シティ」だよね!しかもラッキーが立ち直ろうと頑張っている時に世話しているのが、ビル・コブス演じるコブさん。ビル・コブスは「ニュー・ジャック」で、最後にウェズリー演じたニノ・ブラウンに向かって発砲した男。さらにさらに、台詞でラッキーの事を「ミスター・アンタッチャブル」なんて呼んだりする。「ニュー・ジャック」のニノ・ブラウンは、実在したニューヨークの麻薬キングピンであるニッキー・バーンズがモデル。そのニッキー・バーンズのニックネームが「ミスター・アンタッチャブル」なんだよね。ここまで分かる人はアメリカの黒人でも5割位かな。あそこはぶっちゃけ分かり難いから「ニノ・ブラウン」でも良かったと思うけどね。

シビル・シェパードとジェームズ・ヒロユキ・リャオの奇妙なカップルも面白かったね。でも障害者の息子という以外に彼等の動機がイマイチ不明だった。なので「ニュー・ジャック」同窓会では不要だけど。この映画の時間軸が「The Intouchables / 最強のふたり (2012)」と全く同じ!カーチェイスから始まって、それから遡って、またカーチェイスに戻る。「最強のふたり」の時には上手いなーと思ったその手法も、この映画ではイマイチ上手さを感じなかったね。でもハロウィーン時期に設定したのは面白かったね。だからこそ被り物とか変装しても変に思われなかった。

確かにB級。でも、ヴァン・ピープルズが加わった事で、別の要素が生まれた。だからこそ余計にもうちょっとお金を掛けて、じっくりとこの同窓会を盛り上げて欲しかったね。「ニュー・ジャック」はそれに値するだけの名作だからね。あ、メルヴィン・ヴァン・ピープルズももちろんカメオ出演。スイートバックがニノ・ブラウンにアドバイスしているのは涙モノだ!分かるかな?分かんねーだろうなー

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:4/16/13:DVDにて鑑賞)