SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Being Elmo: A Puppeteer's Journey / 日本未公開 (2011) 1075本目

Netflixの商売の上手さといったら... DVD自体は去年の4月から発売されていたけど、なぜかNetflixには入荷せず。そしたらさ、例のケビン・クラッシュのスキャンダルのせいか、年末にしれーっとNetflixバージョンで入荷してるの。酷いよねー。あのスキャンダルの前から見たかったっていうの!だからNetflixはバッシングされるのよ。なんて、もうNetflix無しでは生活出来ませんけど...

という事で、あのスキャンダルの事はいったん置いておいて...

この映画が制作されて、サンダンス映画祭で公開されるっていう時にこの映画の事知りました。そしてその時にセサミストリートのあのエルモが黒人によって操られていた事も知りました。日本人なんで、「セサミストリートで成長しました!」って嘘でも言えない。調べたら私の世代にも放送していたみたいだけど、うちの親は興味なかったんだろうね。なので私にはソニプラのセサミグッツの方が馴染みある。さすがにうちの夫はセサミストリート世代で、最近になって「Willie Dynamite / 日本未公開 (1974)」のウィリー・ダイナマイトとセサミのゴードンが同一人物だと知り、ショックを受けてた。「嘘だー!!」って叫んでた。うちの子もセサミよりも、テレタビーズが全盛期でなぜかテレタビーズに超受けてたし、ちょっと大きくなってからはスポンジボブだし。ほんと、母としてそして子供として、私には可愛いグッツとしてのセサミストリートでした。だから彼の存在は全く知らなかった。だからこそこのドキュメンタリーが制作され、その事実を知ったら凄く観たかったんですよね。

小さい頃からパペットやディズニーの世界に憧れていたケビン・クラッシュ。自分でパペットを作ってしまうという才能を持っていたのがびっくり。最初のパペットは父親のベルベットのコートで作った。その器用さが羨ましい。そして母親が家でデイケアをしていたので、その子供たちに見せていたらしい。そうこうしていると、今度は慰問も始める。障害者が通う学校などを訪れていた。そして地元ボルチモアのTVスターに見出されて、全国区の子供向け番組に出演。そしてその頃に見た操り人形師カーミット・ラブのドキュメンタリーを見て感動。その姿を見た母親がカーミット・ラブに直接電話。ニューヨークに来たら、会いにおいでよと優しい言葉をケビンに残す。学校の遠足でニューヨークを訪れたケビンは早速カーミットに会いに行って、色々と人形の作り方とか指南してもらう。そしてそのカーミットが、有名な感謝祭の時のニューヨークのパレードで、セサミストリートクッキーモンスターとしてケビンを使う。そのパレードの後のパーティで、ケビンは初めてあのジム・ヘンソンに会う。

彼のパペットへの情熱は凄い。本当に好きなのが伝わってくる。なので後継者への指導も厳しい。まさかそんな風に緻密に指や腕を動かしているとは知らず、ちょっと感動した。そしてあの愛くるしいエルモが、ケビンの両親からくるものだったとはこみ上げる物があった。

で、あのスキャンダルですね。こんなに苦労して、ここまで来たのに... 17年も結婚して可愛い娘まで居る。ゲイである事をスキャンダル後に発表した。情熱を注いだパペットではあんなに器用なのに、これに関してはとっても不器用。まあでも彼の名誉の為に書けば、あのペン・ステイトのアシスタント・コーチだったジェリー・サンダスキーとは違う。ケビンは強要はしていない。16歳の未成年とも、インターネットの同性愛者が集うサイトで知り合い、同意の上に行っている。ケビンに対して訴えを起こした男性4人は16歳から18歳の時に被害に遭っている。年を聞いて未成年と分かりながらも咎めなかったケビンは悪い。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:1/16/13:DVDにて鑑賞)