SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

第90回アカデミー賞予想

やってきましたオスカー。その映画が面白いかつまらないかは私が決める!だからオスカーなんて!!!とは思いつつ、やっぱり思い入れのある作品が取ると嬉しかったり、なんだり... やっぱり映画好きには翻弄されてしまう賞なんですよね。という訳でオスカー予想...と行きたいのですが、今年ほど難しい年はない!毎年だいたいもう分かっているんだけど、今年はぜーーーんぜん分からない。興味はあるけど時間が無くてどうしても観れなかった『シェイプ・オブ・ウォーター』と『君の名前で僕を呼んで』、あと全然興味をそそられなかった数作品(これは内緒にしておきます)以外は、今年も大体見たのだけど、今年は後者が非常に多かった。そして見た作品も大体がそこそこ面白いんだけど、そこまでじゃないかなーとは思った。何ていうか今年は「これだ!」という飛びぬけた作品(作品賞以外!)がない。だから、オスカー以外の色んな賞で票が割れ、今年のオスカー予想は難しくなっている。

  • 作品賞

Get Out / ゲット・アウト (2017)
やっぱりこれが2017年で一番面白かったし上手かった!公開始まる前までは、誰もが(私も含め)どうせふざけたコメディだろ!と思っていたけれど、ちゃんとホラー映画で、でも面白くて... こんな映画は初めてって位斬新で、捻りが上手くて、隠されたメッセージに泣いた。これしか無いっす!
あと、オスカーから外れてしまったけれど、『The Disaster Artist』もかなり面白かった。今世紀最大につまらない映画を撮った人々を描いたのに、最高に面白い映画になっているのが上手い。フランコ兄弟が好演。アリ・グレイナーやジャッキー・ウィーヴァーも最高。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は主演女優と助演女優にノミネートされていて、作品賞にはノミネートされていないけれど、私は作品としても好き。『ダンケルク』は、私は夫から30分程、実際に起きた事を聞かされたトラウマがあるので、アレなのですが...夫はそれくらい思い入れがある中で、「最近の戦争映画の中で一番!泣くかと思った」と言ってました。絶対に泣く事を認めない人なのに。詳しい人でも泣ける映画らしいです。

  • 主演女優賞

フランシス・マクドーマンドスリー・ビルボード
スリー・ビルボード』、最後の発想が好きじゃないので、映画自体はそこまで好きじゃないけれど、主演のマクドーマンドとサム・ロックウェルウディ・ハレルソンルーカス・ヘッジズが良かった!

  • 主演男優賞

デンゼル・ワシントンRoman J Israel, Esq. / ローマンという名の男 -信念の行方- (2017)
多分取るのはゲイリー・オールドマンだと思うけど、私的にはデンゼル・ワシントン様がぶっちぎりの1位でしたよ!あんな不思議でみんなをイラつかせるキャラクターなのに、最後はあんなに魅力的で切なくさせるのはデンゼル様だからですよ!今回の役は外れだったか...と思わせておいてからの巻き返しが凄い!やっぱり流石なんです、デンゼル様って。

アリソン・ジャニーアイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
ここは激戦区。私は「お母さん対決」と呼んでいる。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のアリソン・ジャーニー、『レディ・バード』のローリー・メトカーフ、そして『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』のメアリー・J・ブライジ。育ててもらいたいのは、確実にメアリー・Jママ!で、後の2人は...という感じですが、あの最低なママをあんな風に演じたアリソン・ジャーニーが凄い。あのオウム?何?あれ... 一貫して最低なのが良かった。普段は性格の良さが出ているべっぴんさんなのに、見事に...(以下自粛)

サム・ロックウェルスリー・ビルボード
こういう役上手いよねー、昔から。この役は彼の真骨頂だと思う。終盤とか最高。『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』のウィレム・デフォーのおいちゃんも好きです。強面なのに根は優しい!日本で言う所の遠藤憲一みたいな感じ。ただショーン・ベイカーの映画ってカスワードが多過ぎ。デフォーのおいちゃんは使ってなかったけれど。あと選ばれていないけれど、『スリー・ビルボード』にも『レディ・バード』にも出ていたルーカス・ヘッジズ凄い。去年も『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に出ていたし、その前は『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出ていた。オスカーを呼ぶ男。恐るべし。今年出ていた両方の映画での彼も良かったですよ。『レディ・バード』のダニー役、嫌いじゃない。そう言えば、ティモシー・シャラメも『レディ・バード』に『君の名前で僕を呼んで』の両方出ているけれど、『レディ・バード』のカイル役が微妙に無理。シャラメ自身じゃなく、あのカイルっていうキャラクターね。レディ・バードの男の趣味がふり幅広くてついていけなかった。

Get Out / ゲット・アウト (2017)
これ以外ある?これ、ジョーダン・ピール以外で書ける人居る?監督賞は無理でも、脚本賞はぜーーーーーーーーーったいに取って欲しい。脚本賞こそ取るべきだ!と私は思います。

  • 長編ドキュメンタリー

Strong Island / ストロング・アイランド (2017)
取って欲しいなー。お兄ちゃんの為にも!オスカー取ればもっと色んな人の目にも触れて、『The Central Park Five / 日本未公開 (2012)』の時みたく、色々と明らかになって真実が出てくるかもしれないし。

と、あと色々な部門がありますが、長くなったのでこの辺で。アカデミー賞放送は3/4、東海岸時間夜8時(日本3/5の昼11時)からです!