SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

End of History??

鬼に笑われるかもしれないが、来年発表されるアカデミー賞はここ10年で一番「ホワイト」な年になると言われている。その前兆として今年行われたテレビ界の最高峰エミー賞がそうだった。そしてそのエミー賞がいかに白人の為の賞だったかを、今注目されているハフィングトン・ポストで意見を発表したのが「Ray / レイ (2004)」等で知られる女優のレジーナ・キング彼女が書いた「The Emmys: As White As Ever」は各方面に反響を呼んだ。ヴァラエティ誌によれば、1986年からドラマとコメディ部門の俳優部門では1000枠があったが、その中で白人以外がノミネートされたのが53人のみ。受賞したのはたったの8人との事である。ことしのエミー賞こちら。俳優部門では今年はアンドレ・ブラウハーがドラマ部門の助演男優賞にノミネートされたのみ。

そして今年のオスカーもエミー賞と同じ結果になりそうだとの予想がされている。その予想をしたのが映画雑誌大手ハリウッド・リポーターのグレッグ・キルデイとマシュー・ベローニの2人。そのハリウッド・リポーターのオリジナルの記事はなぜか今は削除されてしまっていて見れないが、他の所で全てが読める。2人は今年のオスカーでは10年前の2002年から初となる俳優部門で黒人ノミネート者が現われないかもしれないと語っている。確かに2000年に入ってからは、2001年を除いて毎年主演か助演かのどちらかで誰かがノミネートされ、2002年は主演部門にてデンゼル・ワシントンとハリ・ベリーの両方が受賞するという快挙も成し遂げた。また2005年は主演男優賞でジェイミー・フォックスが受賞し、助演男優賞にはモーガン・フリーマンが輝いた。そして記憶に新しい去年のアカデミー賞では作品部門で「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」がノミネートされ、その作品からは助演女優賞脚本賞が受賞した。

所が今年オスカー戦線に名乗りを上げている作品「The King's Speech」や「ソーシャル・ネットワーク」、「ブラック・スワン」等に黒人俳優が出演しておらず、助演部門でも難しいとの事。白人以外のノミネートの可能性があるのが、「Hereafter」に出演のベルギー人女優のセシル・ドゥ・フランスと「Biutiful」のハビエル・バルデムの2人。

タイラー・ペリーがヌトザケ・シャンテの戯曲を映画化した「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」はオスカー戦線に滑り込む為に公開日を来年2011年から来月の11月に早めたが、タイラー・ペリーが去年自分自身でオスカーの壇上で「私がこのステージに立てるのは今年だけだろう」と語っている通り、彼の持っている元々のイメージから作品賞や俳優部門は難しいのでは無いかと言われている。

今年はウィル・スミスが映画出演を控えており、デンゼル・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンドン・チードルはコンスタントに出演していたが、彼等が出演した「The Book of Eli / ザ・ウォーカー (2010)」や「Iron Man 2 / アイアンマン2 (2010)」は興行成績は良かったがアカデミー賞に好かれるような作品ではなかった。それはジェイダン・スミスが出演した「The Karate Kid / ベスト・キッド (2010)」やジェイミー・フォックスクイーン・ラティファが出演した「Valentine's Day / バレンタインデー (2010)」についても同じ事が言える。スパイク・リーに関しては「If God Is Willing and da Creek Don't Rise / 日本未公開 (2010)」を撮っているが、アカデミー賞にノミネート出来ないTV映画ドキュメンタリー作品である。

2007-2008まで続いた脚本家のストが影響しているかもしれないと、とある専門家は語る。そして「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」にてアカデミー賞史上最年少監督部門のノミネートとなったジョン・シングルトンは「アフリカ系アメリカ人がテーマのインディペンデント映画は過去の物となってしまっているんだ。スパイク・リーが80年代に築いた以前に戻ってるんだ」と語っている。

SAGアメリカ俳優協会)は2年毎にマイノリティのキャスティングについてのデータを集めている。2009と10年分のデータは今集めており、来年の秋までそのデータは集計されないが、2007年はマイノリティの俳優が映画とテレビでキャスティングされたのがピークで29.3%だったが、2008年には27.5%に落ちている。2009年と2010年はまだ分からないが、そんなに変わらないのではないかと言われている。

Will This Be 'Whitest' Oscars in 10 Years? | Backstage(以上の文はハリウッド・リポーターを訳したものに私の情報を足した)

私もそうなるのではないかと予測はしている。あるとしたら「The Tempest / テンペスト (2010)」のジャイモン・ハーンスゥ。インディ部門が過去の物になっているとジョン・シングルトンは指摘しているけれど、黒人の女流監督「Night Catches Us / 日本未公開 (2010)」や同じく女流監督「I Will Follow / 日本未公開 (2011)」やモスリムが題材となっている「Mooz-lum / 日本未公開 (2010)」なんていう意欲的な作品もある。「Night Catches Us / 日本未公開 (2010)」について言えば、「プレシャス」と同じくサンダンスに出展し評判が良く全米公開が決定した。先週末公開されたばかりのインディペンデンス映画でしかもみんなが知るような有名な俳優が出ていない「N-Secure / 日本未公開 (2010)」はたった486館(ワイドでは普通2000-3000館)の公開だが、全米公開を果たし興行成績11位と健闘している。ただ、つい先日これからアメリカで公開される予定のブラックムービーの作品を整理していて愕然とした。断然に今までに比べて作品数が減ってきている。毎年1月はオスカー戦線とは関係ないコメディが多く上映され、特に黒人コメディはこの時期に公開される事が多い。今の所、今年は2月にマーティン・ローレンスの「Big Mommas: Like Father, Like Son / ビッグママ・ハウス3 (2011)」が公開されるのみである。来年の5月までチェックしたが、その作品のみ。

アカデミー賞どころか、ブラックムービーが無くなってしまう日も近いのも??鬼に笑われてもいい。警告なのである。