SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Seal Team Six: The Raid on Osama Bin Laden / 日本未公開 (2012) (TV Movie) 1074本目

という事で観ました。まああちらの作品「ゼロ・ダーク・サーティ」と比べてしまうのは可哀想過ぎるのでしませんが、ご想像通り。あちらではオスカーにノミネートされるまでになったジェシカ・チャステインが主役でCIAのエージェントを演じておりますが、こちらではあのキャサリン・ロバートソンが演じております。ふふ、知ってるでしょ?「ビバリーヒルズ青春白書」のクレアよー。デビッド坊やと付き合ってたクレアよ。ほら、「Scary Movie 2 / 最‘新’絶叫計画 (2001)」にも出てたでしょ!可哀想なので比べませんが、想像つくでしょ?その通りよー。メガネとか使ってたけど、悲惨な位に優秀なエージェントには見えないわよ。

でも「ゼロ・ダーク・サーティ」では殆ど描かれていない、ネイビー・シールズの事をこちらは丁寧に描いているので、両方見ると面白い。でもその描き方がイマイチだけどね。シールズ内でも古株と新株が喧嘩になったりするけど、その後には...みたいな、感動が無理矢理演出されている。でも「ゼロ・ダーク・サーティ」で、ネイビー・シールズってやっぱりスゲー!って思ったけど、やはりそれの為のトレーニングが入念に行われていた事をこの映画で知った。しかし両方共に実際とは違うエラーが沢山あるみたいだけど...

なんとあのイグジビットネイビー・シールズの一人。良きパパさんでもあります。うちの軍事オタクは、「イグジビットが良かった」とやたらと褒めていたわ。確かにこういう役が似合うのかもね。

オバマ大統領の実際の映像とかスピーチとか写真がふんだんに使われております。こっちの映画は多分共和党の人は苦手なんじゃないかしら?

まあ緊張感の煽り方とか、映画自体の魅力もあちらとは全然違いますね。やっぱりキャスリン・ビグローって凄いわ。同じ題材でも、どこをどういう風にすれば面白くなるか分かってるのが、ビグロー。

オフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:1/15/13:DVDにて鑑賞)