SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

White House Down / ホワイトハウス・ダウン (2013)

Cast >> Channing Tatum (John Cale), Jamie Foxx (James Sawyer), Maggie Gyllenhaal (Alice Dawson), James Woods (Walker), Jason Clarke (Stenz), Garcelle Beauvais (the First Lady of the United States), Richard Jenkins (the Speaker of the United States House of Representatives), Lance Reddick (Colonel Janowitz) ...
Director >> Roland Emmerich
Writer >> James Vanderbilt
Producer >> Roland Emmerich
Genre >> Action
Country >> USA
Release (US) >> 06 / 28 / 2013
Release (JP) >> 08 / 16 / 2013

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

Yeah, yeah, yeah, same ol story and plot...BUT it's CHANNING!!
ジョン・ケイルチャニング・テイタム)は議会警察官で、下院議長ラフェルソンの警護をしていた。一緒には住んでいない娘エミリーの大事な日も忘れてしまい、面会の日なのにエミリーは怒っていた。エミリーはジェームス・ソーヤー大統領(ジェイミー・フォックス)が大好きで、ジョンは副大統領の補佐官に色目を使って、ホワイトハウスの招待状を貰っていた。そしてジョンはその日、ちょうど憧れのシークレット・エージェントの面接で、娘を待合室で待たせて部屋に入ると、昔の知り合いキャロル(マギー・ジレンホール)が面接官だった。しかし、ジョンはちゃんとした学歴が無かったので落とされてしまった。ジョンはがっかりさせたくないので娘に本当の事が言えず、たまたまやっていたホワイトハウスの見学に参加して気を紛らわそうとした。そんな時、ホワイトハウスで大爆発が起きて...

ハリウッドで今年2度目のホワイトハウス陥落である。お互い意識して作られているであろうというのは、よく分かった。なので観客も比べてみたくなるのが自然である。あちら「Olympus Has Fallen / エンド・オブ・ホワイトハウス」が男気溢れる渋い作品なら、こちらは派手でポップ。ストーリーやプロットも同じく、向こうが渋くて、こちらは分かりやすい。戦う男も向こうのジェラルド・バトラーが職人肌で感情も見せないプロのシークレットエージェントならば、こちらは才能はあるけど運に恵まれていないシークレットエージェントになりたい若い男である。でもポップであろうと、断然にカッコイイ!そう、やっぱりチャニング・テイタムなので、女性の気を惹くのだ。渋さとか話の面白さとかプロットがしっかりしているとか、どうでもいい!チャニング・テイタムがスーツを投げ捨てて、薄着になればなるほど... 女性観客はうっとりなのだ!

テイタムの魅力を一瞬忘れて真面目に考えると、こちらは白人男性が命を掛けて黒人男性を守る。黒人男性が大統領という立場というのもある。しかし今まで映画でも黒人が命を掛けて白人男性を守ってきた。そしてあちらの映画は白人男性が白人男性を守るという映画を黒人監督が撮ったのだ。面白い世の中になったと、この瓜二つの作品を見て一番に思うのはそれなのだ。

(7/4/13:劇場にて鑑賞)