SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

10 Years / 日本未公開 (2012) 1071本目

チャニング・テイタムにハマっております。まあ普通に男前で、ピープル誌の「この世でもっともセクシーな男」にも選ばれたりしちゃってる。っていうかさ、「21ジャンプストリート」の役そのままに、おつむは弱そうなイメージがあるんだけど、映画制作やらせると面白い映画作るんだよね。という訳で、この映画もチャニング・テイタムが制作・主演。しかも嫁が恋人役。やりたい放題じゃないですか!でも、面白かったっす。

チャニング・テイタムが高校卒業して10年後に開かれた同窓会での群像ドラマ。趣は全然違うのだけど、「セントエルモス・ファイヤー」とか「ブレックファースト・クラブ」とか思い出しちゃうような内容。登場人物にそれぞれ色があっていい。チャニング・テイタムは実生活でも嫁であるジェナ・ディーワン演じる彼女を連れて同窓会に出席。彼女にプロポーズしようかと思っているけれど、どうも何かがひっかかりまだプロポーズしていない。そしてみんながとりあえず集まった場所が、高校生の時から付き合ってそのまま結婚し、地元で生活しているカリーとサムの家。カリーはアメリカの青春映画に良く出てくるような、体格のいいイジメっ子。KYで全然周りが見えていない。今回の同窓会で、高校の時にイジメていた人達に詫びを入れるのも目的。大人になった俺を見てくれと。そして、仲が良いのがマーティとAJ。空港からその仲の良さを見せ付けている程。仲が良過ぎて、お互い嫉妬するレベル。マーティは独身なので、高校の時のマドンナであるアンナを口説こうと必死。そして地元を離れて日本に居たスコット。日本人妻と共に出席。リーヴはなんと有名なミュージシャンとなっていた。このリーヴの役は「セントエルモス・ファイヤー」でエミリオ・エステベスが演じた役を思い出させる。そして最後に登場するのが、ロザリオ・ドーソン演じるメアリー。彼女は高校時代はテイタム演じる男の彼女だったのです。

私、残念ながら高校の同窓会には出席した事がない。同窓会は中学のを10代の時に経験した位。10代なのでそんなに成長もしていなかったので、こういうドラマは全くありませんでした。この映画観たら、なんでもいいのでまた同窓会に出席したくなりました。でもあと10年早くにね。もう私の年頃だと、おっさん&おばさんなので、また逆に老けすぎで面白いドラマなんてないでしょうし。この映画と同様に高校卒業10年後の28歳位が一番面白いんだと思います。この人達羨ましいわーと思わせるのが、「セントエルモス・ファイヤー」とかと同じ。もうね、リーヴの話とかズルイ位に羨ましい!女の子が憧れてしまうような上手い話なの。私の学生時代なんて、映画とか音楽にばっかだったから、イケテるグループじゃないのはお察ししていただけると思う。だからこそ、リーヴが思いを寄せていたエリースと重ね合わせちゃったりしちゃうんです。分かってるよ、実際にはナイナイ!って。モテなかったもんねー。そんな学生時代なので、余計にこの映画で夢見ちゃうのよ。個人的にはイケテいたグループのアンナの話がグッときましたね。イケテいた自分に戻れる瞬間があってもいい。確かに学生時代の友達に会うと、今でもあの時に戻っちゃうもんね。分かるよ。そして大人になっている人とそうじゃない人の違いも現実味があっていい。カリーは相変わらず空気読めてない。口では詫びてるんだけど、何一つ変わってない。アジア人とかいけてないグループに嫌がらせ。大人になってまだ分かってないから、余計に始末悪い。カリーの奥さんのサムがアジア人の男性に言われるシーンは、胸をグサリとやられるね。サム役の人、注目してるよ。「The Sitter / ピンチ・シッター (2011)」にも出てたね。

それにしてもロザリオ・ドーソンの人生は運があり過ぎる。デビューの仕方もそうだし、私が好きなアウトキャストアンドレ3000とかファレルとも共演しちゃってる。そして今回は、チャニング・テイタムの元彼女役なんてうらやまし過ぎる。

あ、忘れてた!見た理由はチャニング・テイタムもあるけど、どっちかというとアンソニー・マッキー目当てだったんだ!彼だけあんまり話に絡んでこないんだよね。(ρ゚∩゚) グスン でも日本人妻が、マッキーに後ろから肩組みされたのは超羨ましい!!

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点:01/08/13:DVDにて鑑賞)