SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Raid on Entebbe / 特攻サンダーボルト作戦 (1976) (TV)

Cast >> Peter Finch (Yitzhak Rabin), Martin Balsam (Daniel Cooper), Horst Buchholz (Wilfred Boese), John Saxon (Maj. Gen. Peled), Jack Warden (Lt. Gen. Gur), Yaphet Kotto (Idi Amin), Charles Bronson (Brig. Gen Shomron) ...
Director >> Irvin Kershner
Writer >> Barry Beckerman
Producer >> Daniel H. Blatt, Edgar J. Scherick
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Operation Thunderbolt
1976年6月27日、エアフランスはギリシャアテネからフランスのパリを目指していた。所が離陸後すぐにハイジャックされてしまう。ハイジャック犯は、パレスチナ解放人民戦線のメンバーで、イスラエルで服役中のテロリスト40名の釈放を要求した。そして犯人達は機長にアフリカのウガンダのエンタベ空港を目指すように言うのだった...

「サンダーボルト作戦」いかにも負けなそうな強いイメージの作戦名である。実際に、こんなに難しい作戦を成功させたのだから感心する。しかも実際に事件が起きてすぐに制作された。事件からテレビ放映までわずか6ヶ月というから、ハリウッドの行動力にも驚く。しかも同じ題材でこれよりも1ヶ月だけ早く放映された作品もある。人々の生々しい記憶が残っている中でのテレビ放映。インパクトは十分だ。しかし映画自体はやはり時間を掛けていないので、雑な部分は多少あるように感じた。しかし準備期間が無い中で、ハイジャック犯のリーダーを演じたホルスト・ブッフホルツは、感情的ではなく沈着冷静なスマートな犯人を演じていたのが印象的。そして人質となった乗客のダニエル・クーパーという勇敢で頭の良いキャラクターも光る。やはりヤフェット・コットーのイディ・アミン大統領役ははまり役で、アミンの気持ち悪く残虐な性格を短い出演時間の中で十分に表現していた。

事件自体のインパクトがこの映画にも影響している。「サンダーボルト作戦」はこれからもまだまだ色々なドラマを生みそうだ。この映画はその中でもチャールズ・ブロンソン印のドロドロ・ゴツゴツした渋い作品。

(10/21/12:DVDにて鑑賞)