SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Man with the Iron Fist / 日本未公開 (2012) 1048本目

出来るって聞いた時から、絶対に面白いだろうなーって思っていたんだけど、本当に最高に面白かったですわ。なんで面白いかと確信していたかと言えば、そりゃRZAが監督するからですわ。RZAと言えば、90年代のヒップホップの象徴的な人物で、その90年代を代表するウータン・クランのメンバーでリーダー。それだけじゃなくて、RZAはカンフー映画の超マニアとしても知られている。うちの夫もRZAとはそんなに変わらない同世代の人だけど、この年代の人はカンフー映画に慣れ親しんでいる人が多い。というのも、TVでカンフー映画が沢山やっていた時代に子供世代だったのです。毎週、教会帰りの時間帯になると、なぜかカンフー映画が放送していたと、義母も先日言っていた。

実はRZAの本「Tao Of Wu」を前に読んだ

The Tao of Wu

The Tao of Wu

この本にはどんなカンフー映画を観てRZAがどのように育ったのかが書いてある。その本を読んでいると、この映画の概要がつかめる。本で書いていたことが見事に映像になっているという感じなのです。クリスチャン、モスリム、道教、仏教、そしてカンフーにアニメにと精通しているRZAが見事にそれらをミックスしているのですわ。鮮明な血吹雪はクェンティン・タランティーノの影響でもあるけど、日本人なら北野武も思い出しちゃうよね。対戦シーンのカット割りは日本のコミック本のよう。そしてRZAとかバウティスタとリック・ユーンのキャラクターはRZAが好きな「Five Deadly Venoms / 五毒拳 (1978)」ぽいよね。しかもさ「燃えよドラゴン」のあの超有名な鏡のシーンをほぼそのまま使っちゃう辺りは、RZAだから許される的な所あるでしょ?他の人がやったら、非難ゴーゴーよ。そしてそれだけじゃなくて西洋のカーボーイ的なラッセル・クロウのキャラクターも面白かった。実際にラッセル・クロウクリント・イーストウッドの映画を手本にしたらしい。あの役をカーボーイぽいなって観客にすぐ思わせるラッセル・クロウの技も凄いよね。実はルーシー・リューもかっこよくて、彼女の役もカーボーイズム溢れる役なのよ。エロい中国娘達は、ラップのミュージックビデオぽいよね。

何よりもさ、これ観た後に思わず「あっちょーーー!!」って空手チョップよ。頭の中には予告編で使われていた「Carry It」(サントラには入ってないのね…)の曲が鳴り響いてた。何か久々に懐かしいカンフー映画を観たなーっていう感じと、さすがヒップホップのRZAだなっていう2つの別の物を感じる。なんでブラザーがあの時代に中国で何してるんだよ!って突っ込みたいだろうけど、ちゃんと劇中で明らかにしてるし、割りと納得出来るのよ。何よりもタイトルの「アイアン拳」になるっていう物語が、切なくてブラックスプロイテーションそのものだったりする。パム・グリア嬢の出番が少ないのが残念だけど、この映画実際には4時間くらい撮ったらしい。編集で1時間40分ほどにまとまっている。なのでDVD版が早くも楽しみ!エンディングでチラっとパム嬢の別シーンも観れたし。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:11/2/12:劇場にて鑑賞)