SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Green Eyes / 日本未公開 (1977) (TV)

Cast >> Paul Winfield (Lloyd Dubeck), Rita Tushingham (Margaret Sheen), Jonathan Lippe (Noel Cousins), Victoria Racimo (Em Thuy), Lemi (Trung), Royce Wallace (Mrs. Dubeck), Robert DoQui (Hal) ...
Director >> John Erman
Writer >> Eugene Logan, David Seltzer
Producer >> John Erman, David Seltzer
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

True meaning of Green Eyes
ロイド(ポール・ウィンフィールド)は、ヴェトナムの激戦をくりぬけた。オフィサー達が派手な帰還の歓迎を受ける中、ロイドはひっそりと帰還し、実家に戻る前にヴェトナムで一緒に戦った仲間がなくなったので、戦友の家に報告に行くが、その父親がヴェトナム戦争反対だった為に、ロイドは心を傷つけられて帰ってきた。以前働いていた所に復職出来る筈だったが、復職できずに冷たくあしらわれる。仕事を探すが全く見つからず、退役軍人のオフィスに行くも、そこでも冷たくされる。ロイドは、ヴェトナムに残してきた息子の事が気になりだした。その母親に寄れば、ロイドの息子はロイドと同じ緑色の目をしているという。ロイドは息子を探しに、ヴェトナムに戻るのだった…

今まで見てきたどのヴェトナム戦争モノの映画よりも、衝撃的で悲しい。こんな事実はあるのは知っていても、こうやって実際に付けつけられると胸がいたむ。でも、それが真実。この真実を受け止めようと、誰よりも努力したのが、この映画の主人公。タイトルの「Green Eyes」、軍人である自分がヴェトナムに置いてきた子供が、自分のように緑の目をしていると聞かされ、アメリカには居場所がないから、それにすがるようにヴェトナムに探しに行く。しかし、その本当の意味の「Green Eyes」を知る事になる。同じ軍人仲間の言葉がこれでもかってくらいに、心を虫食んだ。

ポール・ウィンフィールドは、いつもながらに素晴らしい演技を披露してくれている。ヴェトナム帰りで希望に満ち溢れていた筈なのに、現実を知り絶望しながらも、誤りを正し力強く生きていく姿は、どんな賞賛の言葉をも超越していた。彼の演じる男はいつも、あるべき男の姿を見せてくれる。彼は、スクリーンの中でいつも、みんなの父親になってくれるのだ。彼の演技は、父親のような厚い手の甲で暖かくみんなの心を暖かく包み込んでくれる...

(3/10/02, 7/18/12:ビデオにて鑑賞)