SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Blood In, Blood Out / ブラッド・イン ブラッド・アウト (1993)

Cast >> Damian Chapa (Miklo), Jesse Borrego (Cruz), Benjamin Bratt (Paco), Enrique Castillo (Montana), Victor Rivers (Magic Mike), Delroy Lindo (Bonafide), Ving Rhames (Ivan), Danny Trejo (Geronimo) ...
Director >> Taylor Hackford
Writer >> Jimmy Santiago Baca, Jeremy Iacone, Floyd Mutrux, Ross Thomas
Producer >> Taylor Hackford, Jerry Gershwin
Genre >> Crime

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

La Familia
保護観察中のミクロ(ダミアン・チャパ)は、ラスベガスから故郷ロサンジェルスイーストLAに戻ってきた。後6日で18歳となり保護観察も終わる事になっていた。ミクロは暴力的な白人の父とは疎遠で、ラティーノの母親や母方の従兄弟と親交を持ち、見た目はブルーアイの白人だが、ラティーノとしてのアイディンティを大事にし、従兄弟パコ(ベンジャミン・ブラット)がリーダーのラティーノギャング集団ヴァトスに所属した。もう一人の従兄弟クルス(ジェス・ボレッゴ)は絵の才能があり、学校の奨学金も手にしたが、ヴァトスとライバルギャングのイザコザで暴行を受けて負傷する。パコとミクロのヴァトスは仕返しをし、ライバルのリーダーを殺してしまう。逃げるが捕まり、保護観察中だったミクロだけは、悪名高いサン・クェンティン刑務所に送られ、そこでもやはりラティーノギャングのラ・オンダに所属する為に、あるミッションが言い渡される...

刑務所内にある人種間の緊張感を描いた秀作。主人公を白人とのミックスにしたのも面白い。ラティーノからも、仲間はずれにはされるが、自分のアイディンティを主張し、たくましく生きていく。主人公はラティーノの環境で自分を主張しようとする余り、道を誤る。しかしその状況を愚痴る事はない。逆にラティーノであるパコは、その反発で道を正し、そのラティーノのコミュニティの環境まで正そうとしていく物語が巧すぎる。そして3人の若者たちのそれぞれの生き方も面白い。
ラティーノギャングのリーダーがはっきりと「白人こそがシステムだ」と主張する。実際に刑務所内のシステムは白人に支配されている。年1回の豚肉の日に、黒人は脂だけを与えられ、ラティーノに至っては何も至急されない。黒人と団結し、そのシステムを打開していくのだと。しかしミクロはそれに反発する。血を流し結束した「家族」と、本当に血がつながった「家族」の間で、ミクロは驚きの結論を出す。

ここで描かれた「家族」の姿に、考えざるおうえない。「家族」とは何なのか?結束とは何なのか?

(7/13/12:DVDにて鑑賞)