SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Raid on Entebbe / 特攻サンダーボルト作戦 (1976) (TV) 1045本目

この映画のDVDの広告を映画秘宝で見つけて、見ておこうかなーと思っていたら、この前の「The Liberation of L.B. Jones / L・B・ジョーンズの解放 (1970)」観てからというもの、プチ”ヤフェット・コットー”ブームがやってきましてね... いいタイミングなので見ちゃいました!って、映画秘宝のその広告よーく観たら、日本ではノーカットのオリジナル版の発売だそうで!私の手に入れたアメリカ版のDVDは113分の縮小版なり...なり...なり...| ̄ω ̄、|グスン

だからだろうね。ヤフェット・コットーが途中からパッタリと出なくなる!!| ̄ω ̄、|グスン でもイディ・アミンの気持ち悪さはノーカット版並の威力あり!独裁者的な厭らしさとか、不気味さとかがすぐに分かる程。素晴らしいね、ヤフェット・コットーヤフェット・コットー友の会を結成したい位だね。日本にもいっーぱい居るでしょ?ヤフェット・コットーの魅力にとり付かれた人々!!と思いたい位「L・B・ジョーンズの解放」とこの映画と「Bone / 日本未公開 (1972)」は素晴らしいです!

とは言え、フォレスト・ウィッテカーの「The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)」とは違って、イディ・アミンは主役じゃないんだよね。ハイジャックされてウガンダエンテベ空港に降り立ち、乗客を救う為に「サンダーボルト作戦」が決行されたそのドラマが主役。というか凄いよね。実際にこの事件が起きた1976年にすぐに映画が作られてしまうんですもの!しかもこの作品だけじゃなくて、「エンテベの勝利」というこちらも豪華アンサンブルキャストの映画が作られてるんですから!しかも両者は争うようにTV放映されている。「エンテベの勝利」はこの作品よりも1−2ヶ月先に放送。あちらでは「Super Fly / スーパーフライ (1972)」のスキャッター役のジュリアス・ハリスがイディ・アミン役。

チャールズ・ブロンソンが主役ぽくポスターとかにも映ってるけど、そんな主役じゃないよね。まあさすがに貫禄とかあって存在感はあります!でもなによりも、あのジェームス・ウッズが若き軍人役で登場しているのがいいよねー。彼が居るだけで、何か負ける気しないもん!エンテベに向かう時にみんなで歌う歌も何か強そうだけど、何よりも「サンダーボルト」なんていう作戦も負けそうな気が全くしません!

テロに負けなかったという点で、やっぱり物凄くインパクトがあるんでしょうね。あの人食いイディ・アミンも上手くかわしたんですから!イスラエル軍強えー!!

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:10/21/12:DVDにて鑑賞)