SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

D.C. Cab / D.C.キャブ (1983)

Cast >> Max Gail (Harold), Adam Baldwin (Albert Hockenberry), Mr. T (Samson), Charlie Barnett (Tyrone), Gary Busey (Dell), Paul Rodriguez (Xavier), Whitman Mayo (Mr. Rhythm), Irene Cara (Irene Cara) ....
Director >> Joel Schumacher
Writer >> Joel Schumacher, Topper Carew
Producer >> Topper Carew
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> Not Yet/5点満点
Contents >> Performance >> Direct >> Music >>

Feel good, happy-go-lucky, energetic, happyending and Irene Cara! ... good ol' 80's!!
ハロルド(マックス・ゲイル)が経営するD.C.キャブは、夢のある明るい若者達がドライバーをしていたが、車はオンボロで接客も大雑把で、しかも監査官が必要以上に彼等に付きまとい、経営は傾いていた。そんな中、ハロルドの戦友の息子アルバート(アダム・ボールドウィン)が、訪ねてやってきて、タクシードライバーになりたいと言った。そんな中、高価なバイオリンをタクシーに置き忘れ、その報酬でD.C.キャブは大金を手にするが、ハロルドの妻が独り占めしてしまう。更には、勤務中のアルバートと大使の子供たちが誘拐されてしまう...

「カーウォッシュ」の80年代版とも言える、アンサンブルコメディ。「カーウォッシュ」のジョエル・シュマッカーが監督。群像劇を描くのが巧いシュマッカーらしい作品で、それぞれのキャラクターを巧く生かしている。このタクシー会社もミスターTをはじめ、個性の集まり。日本ではあまり知られていないチャーリー・バーネットの使い方も見事。これまた日本では全然知られていないホイットマン・メイヨの使い方が絶妙である。あの「サンフォード&サン」の時と同じだ。
内容も80年代らしさが全開で、決して観客を暗い気分にはさせない明るい内容。はっきり言えば、バカ全開。

エンディングではアイリーン・キャラがまた明るい希望のある歌詞を歌う。これ以上に80年代を象徴する事はない。明るさだけが取り柄だった80年代が、この映画の中で活き活きとしている。

(3/3/12:DVDにて鑑賞)