SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Stormy Weather / ストーミー・ウェザー (1943)

Cast >> Lena Horne (Selina Rogers), Bill Robinson (Bill Williamson), Cab Calloway (Himself), Katherine Dunham (Herself), Fats Waller (Himself), Fayard Nicholas (Himself), Harold Nicholas (Himself), Ada Brown (Herself), Dooley Wilson (Gabe Tucker) ....

Director >> Andrew L. Stone
Writer >> Jerry Horwin (story), Frederick J. Jackson

総合ポイント >> 4.5/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Rap a tap tap!
1918年、第一次世界大戦から戻ってきたビルとゲイブは、早速NYのクラブに出掛けた。そこで失った戦友の妹セレーナに会った。ビルとセレーナは、すぐに意気投合。クラブ歌手として成功していたセレーナは、ビルのダンスの才能に驚き、ダンサーになることを勧めた。取り合えず、故郷のメンフィスに戻るつもりだったビルは、メンフィスで大物ダンサーになってNYへ戻る事をセレーナに約束した。メンフィスでは、クラブのウエイターになっていたビルの元に、セレーナが劇団の一行と訪れ再開した。セレーナが団長に頼み、ビルにチャンスを与えるようにお願いした。そのチャンスを物にしたビルだっが...

ブラックムービーも80年代に入ると、ブラックカルチャーを反映した映画が増えたが、この映画こそ、その原点。40年代のジャズ世代の文化を、映画に上手く反映している。ジャズシンガーのレナ・ホーンに、タップダンサーのビル・ボジャングルス・ロビンソン、エンタテイナーのキャブ・キャロウェイに、ニコラス兄弟のアクロバティックなタップダンスに、ドゥーリー・ウィルソンのコミカルな演技。これほど映画産業だけでなく、様々な世相を反映した映画は、40年代には無かったように思える。
戦争という政治的な事が背景にあるに関わらず、大衆芸能として楽しめる内容になっているので、当時の黒人へのハリウッドの背景を感じる。
それでも、ビル・ロビンソンとニコラス兄弟のタップ、レナ・ホーンの作り物でない本物の美しさ、キャブ・キャロウェイとドゥーリー・ウィルソンの陽気さには、胸が躍る。
(3/24/06:DVDにて観賞)ISBN:6301798058