SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Stormy Weather / ストーミー・ウェザー (1943)

Cast >> Lena Horne (Selina Rogers), Bill Robinson (Bill Williamson), Cab Calloway (Himself), Katherine Dunham (Herself), Fats Waller (Himself), Fayard Nicholas (Himself), Harold Nicholas (Himself), Ada Brown (Herself), Dooley Wilson (Gabe Tucker) ....

Director >> Andrew L. Stone
Writer >> Jerry Horwin (story), Frederick J. Jackson

総合ポイント >> 4.5/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Rap a tap tap!
1918年、第一次世界大戦から戻ってきたビルとゲイブは、早速NYのクラブに出掛けた。そこで失った戦友の妹セレーナに会った。ビルとセレーナは、すぐに意気投合。クラブ歌手として成功していたセレーナは、ビルのダンスの才能に驚き、ダンサーになることを勧めた。取り合えず、故郷のメンフィスに戻るつもりだったビルは、メンフィスで大物ダンサーになってNYへ戻る事をセレーナに約束した。メンフィスでは、クラブのウエイターになっていたビルの元に、セレーナが劇団の一行と訪れ再開した。セレーナが団長に頼み、ビルにチャンスを与えるようにお願いした。そのチャンスを物にしたビルだっが...

ブラックムービーも80年代に入ると、ブラックカルチャーを反映した映画が増えたが、この映画こそ、その原点。40年代のジャズ世代の文化を、映画に上手く反映している。ジャズシンガーのレナ・ホーンに、タップダンサーのビル・ボジャングルス・ロビンソン、エンタテイナーのキャブ・キャロウェイに、ニコラス兄弟のアクロバティックなタップダンスに、ドゥーリー・ウィルソンのコミカルな演技。これほど映画産業だけでなく、様々な世相を反映した映画は、40年代には無かったように思える。
戦争という政治的な事が背景にあるに関わらず、大衆芸能として楽しめる内容になっているので、当時の黒人へのハリウッドの背景を感じる。
それでも、ビル・ロビンソンとニコラス兄弟のタップ、レナ・ホーンの作り物でない本物の美しさ、キャブ・キャロウェイとドゥーリー・ウィルソンの陽気さには、胸が躍る。
(3/24/06:DVDにて観賞)ISBN:6301798058