SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hi-De-Ho / キャブ・キャロウェイのハイ・デ・ホー (1947)

Cast >> Cab Calloway (Himself), Ida James (Nettie), Jeni Le Gon (Minnie), William Campbell (Sparks) ...
Director >> Josh Binney
Writer >> Hal Seeger
Producer >> E.M. Glucksman

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 5

The Hi De Ho Man, that's Cab!
キャブ(キャブ・キャロウェイ)はクラブシンガーでバンドリーダーだった。キャブの新しいマネージャーのネティ(アイダ・ジェームス)が女性だったので、恋人のミニー(ジェニー・リ・ゴン)は嫉妬していた。その嫉妬心でミニーはクラブオーナーで悪のボスのメイソンと手を組んで...

ハイ・デー・ホー!キャブ・キャロウェイは今の若い踊る歌手の原型。今では鍛え上げられた上半身を見せる為にわざとシャツを脱いだりする演出で女の子を喜ばせてますが、キャブのこの時代は髪の毛をストレートに整えて、それをわざと振り乱す仕草がたまらなかったのでしょうねと思わせてくれます。キャブの歌やバンドリーダーぶりが好きな人にはたまらない作品です。それらがたっぷりと詰まってます。でも映画としては、女性蔑視というか... 耐えられない場面も多いです。この40年代当時に流行ったギャング映画を思わせる雰囲気。キャブの歌が優しいだけにそんな場面がとっても残念に思う。男の本能だけを楽しませる部分が、今の時代のミュージックビデオにも通じるものがある。

キャブ・キャロウェイと当時のエンタテイメント好きにはたまらない。女性一人と男性二人トリオのミラーズ・アンド・ロイスのタップは圧巻だし、有名な巨漢女性トリオのピーターズ・シスターズの歌は迫力ある。でも映画としての魅力には少し欠ける。


(9/29/09:DVDにて鑑賞)