SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Neighbors / 日本未公開 (1971) (TV)

Cast >> Andrew Duggan (Chuck Robinson), Raymond St. Jacques (Bill Gunther), Cicely Tyson (Vicky Gunther), Jane Wyatt (Mary Robinson) ...
Director >> Fielder Cook
Writer >> Arkady Leokum (play)
Producer >> Lewis Freedman
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 4

"You're moving into a community!"
チャック&メアリー・ロビンソン夫妻(アンドリュー・ダガン&ジェーン・ワイアット)の2人は家を売る事にし、その日はその買い手であるビル&ヴィッキー・ガンサー夫妻が下見に来るので、ワクワクしていた。お酒や食べ物の用意も済ませた。ロビンソン夫妻は、ガンサー夫妻が黒人である事を知っていて、それによって「近所」に文句言われる可能性もあったが、自分達は逃げる訳ではなく、すぐ近くのもう少し小さい家に引っ越すので、問題は無い、そんなの「どうでもいいこと」だった。こんな豪邸を買える黒人家族は、それなりの黒人一家だと思い込んでしまっていた。しかし、ロビンソン夫妻のそんな心の隙を見透かされ、考え方の違いを知ってしまうのだった...

70年代のブロードウェイ劇をそのままの形に近い状態で残そうと、映像化されたブロードウェイ・シアター・アーカイブの1作品。4人だけの舞台。白人対黒人の差別の構造が見事。白人の2人の夫婦は分かりやすいクー・クラックス・クランなどの差別主義団体に入っている訳でもなく、どちらかというと黒人に心を開いていると思っている。自分達は開いているからこそ、家まで彼らに売るのだ!と思い込んでいる。第一彼等もそんな事は気にしないだろう、ここの地区に来るほどなのだから、全てを理解し、そのように振舞ってくる筈。でも奥さんの方は、彼等が来る前に「貴方は彼等に罪を感じているの?」と、チャックの心を少し見透かしている。最初は順調だった4人。しかし、その白人地区に住むのにはスタンダードがある事を知っていく。近所みんな仲良く週末にはパーティがあったりして、それに参加する等の細かいルールがあるのだった。しかし、ガンサー達はそんなルールを大事に思っていない。彼等の目的は、彼等の子供たちがその地区のとてもいい学校に行く事だけ。それを知り、ロビンソンたちは本当に彼等に家を売っていいものか疑問に思うようになる。それを見透かしたビルは、過激にロビンソンの2人を追い込む。「あんた達のスタンダードなんて知るか!」と、そうするとメアリーが「白人嫌いなニグロ!」と罵る。実に当時をよく反映している。

メアリーは「もう白人・黒人っていうのがうんざりだわ!」と叫び、ビルを「クリーチャー」呼ばわりする。本音を吐き出す事で、人が人でなくなるのだった...

(2/20/14:DVDにて鑑賞)