SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Blue Valentine / ブルーバレンタイン (2011) 936本目

この映画のタグラインは「A Love Story」。一つのラブストーリー。70年代のラブストーリーは盲目で決して後悔しない事だった。そして今、現代。

冒頭を見る限り、ライアン・ゴズリング演じるディーンは小さな女の子フランキーのパパである(本当は色々あって映画後半で明らかになる)。しかし、物語は今と過去が交差していき、徐々に色々な事が分かってくる。しかし最初から分かっているのは、どうやら妻だと思われる女性シンディは、ディーンに愛想をつかしているという事。かなり後悔している。けど、そのシンディだって、恋が始まったばかりの頃は盲目だった。そこは時代と共に変わる事はない。裕福なオリバーと一般人のジェニファーは身分の差を乗り越え、後悔しない愛の物語を描いた。このディーンとシンディは逆転している。シンディは大学に通い、資格を得て看護婦の仕事をしているのに対して、ディーンは高校を卒業せずに引越し屋やペンキ塗りをしている。そんな夫に嫌気を感じてしまっているのだ。家事も仕事もシンディがやる。父親としては合格点だが、男としてはどうも尊敬出来なくなってきている。しかも少しクドクて、嫉妬深い。家事も仕事も育児もしているシンディには、ディーンは面倒な男である。そんな男と結婚してしまえば、そりゃ後悔である。でも、恋が始まった日は楽しかった。なんだか魅力的だったのである。しかも別の男と別れたばかりのシンディにとっては、尚更ディーンは魅力的に見えた。しかも、シンディはその直後に大変な問題に直面する。その時に傍に居てくれたディーンはより一層に頼れる男に見えたのだ。しかも最近はハゲて来ている。洋服もダサい。

そう恋なんて一瞬の気の迷い。長いスパンで将来を見れる男女はどこにも存在しない。と同時に、盲目で後悔しない「間」は、幸せだという事。

ちなみにタイトルの「ブルー」には憂鬱なイメージもありますが、「ブルーコメディ」と言えば下ネタの事でもあります。ここでの「ブルー」はそういう面もありますね。

ミシェル・ウィリアムスが凄い。若い過去の部分は本当に可愛いし魅力的。でも今の現在の部分は、そこらに居るオバサンにしか見えない。

にしても、ディーンみたいな男と結婚しなくて本当に良かったと思いましたです。

恋だの愛だのって面倒!

オフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:12/10/11にDVDにて鑑賞)