SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Divas / ディーバたちの青春/スターダムへの階段 (1995) (TV) 816本目

この作品もこの前の「Gordon's War / ゴードンの戦い (1973)」と同じく、ビデオからDVDに落としている時についついまた見てしまった作品です。これはWowowか何かで日本で放送した物をお友達が撮ってくれて頂いた物なんです。Khalil Kain (カリル・ケイン)が、クハリル・カインになってた。私もたまに間違えるからね、仕方ないよ。黒人は難しい名前多すぎだしね。アフリカやアラブから名前つけてたりするし。

Ray / レイ (2004)」の大成功で、音楽物の映画がここ最近本当に増えたように感じるけれど、でも本当は昔からちょこちょことあった。これは「Sparkle / スパークル (1976)」からの流れで、「Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)」で頂点を極めた、ガールズシンガーグループの物語。「Sparkle / スパークル (1976)」も「Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)」も、モデルになったのが「スプリームス」と言われているけれど、この映画は完全にモデルが「アン・ヴォーグ」ですかねー。設定は全然違うけれど、あの4人はどうもアン・ヴォーグとダブる。アン・ヴォーグの見た目の派手さや、歌いぷりなんかがそっくり。この4人「ディーバ」が本当に可愛い。メインボーカルぽい役をやったのが、Tammy Townsend (タミー・タウンゼント)。私はこの人はもっと売れて良かったと思う。アン・ヴォーグで言うと、テリー・エリス的。そしてLisa Nicole Carson (リサ・ニコール・カーソン)。「アリーマクビール」に出ていたから、日本でもファンは多いと思う。彼女の独特な雰囲気が、シンガー役にぴったりだった。アン・ヴォーグだと、横浜にも住んでいたシンディ・ヘロン。そしてもう一人は、ファティマ・ロウという人。彼女はマキシーン・ジョーンズぽいかな??最後に入ってくるのが、Nicole Ari Parker (ニコール・アリ・パーカー)。今とは全然違って、髪が短い瀬戸内寂聴ヘア。でも超可愛い!!アン・ヴォーグで言うと、ドーン・ロビンソンになるかもしれないけど、かなり違うかなー。ニコール・アリ・パーカーが演じたステファニーは、大人しくてクール。好きな男を目で追うのが、いじらしくて可愛くて、キュンキュンしちゃいました。ピッタリでしたね。

彼女達をまとめるのが、マネージャーでプロデューサーのモンテという男。モンテを演じたのが、カリル・ケイン。23歳にもなって実家暮らし。アメリカでは高校卒業、大学に入って家を出るのが普通。元軍人で厳しいパパには、その事が耐えられない。パパといつも喧嘩。という、サブストーリーもありーの、爽やかなラブロマンスもありーの、で、中々面白く仕上がってます。トーマス・カーターなのに。と、いつもはトーマス・カーターの映画が苦手な私もこれだけは認めております。いつもながらに青春が臭過ぎますが、これだけは魅力的ですね。キャラクターがみんな魅力的だったからでしょうね。いいオッサンが、こんな青春映画を作れるというのも驚きですわ。しかもシアトルが舞台。「ディーバ」と共に、クラブの舞台に立っているのが、ニルヴァーナみたいなロックバンドだったりします。そしてこの映画では、ホイットニー・ヒューストンチャカ・カーンの歌が歌われたりしてます。

とにかくディーバの4人+カリル・ケインがキュートなのです。ホント、青春なのです。

感想やあらすじはこちら。

(4点/5点満点中:ビデオにて鑑賞)