SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Something Like a Business / 日本未公開 (2010) 933本目

何だかやたらと調子の良いケビン・ハートの主演映画です。彼のスタンダップコメディのコンサート映画「Kevin Hart: Laugh at My Pain / 日本未公開 (2011)」にもなったツアーが、あのエディ・マーフィが長年持っていたチケットセールス記録を破る快挙。注目集めてますよねー。でも私的には、まだまだなコメディアンだと思っておりますが... 面白いですけどね。エディ・マーフィとかクリス・ロックとかデイブ・シャペルみたいな時代を作るタイプのコメディアンじゃないなとは思っています。そのケビン・ハートが主演。監督には人気ラジオDJでもあるラス・パー。ラス・パーの「The Last Stand / 日本未公開 (2007)」は中々面白かった。こちらはスタンダップコメディアンが題材となっている、ダークコメディ。「Love for Sale / 日本未公開 (2008)」はまあまあ。で、この作品です。

Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)」のデビット・アラン・グリアがケビン・ハートの叔父さん役でピンプ。しかもその叔父さんは、他の親戚の子供も面倒見ている、面倒見のいい叔父さんなのです。みんなが頼って彼の所にやってくる。でもピンプ。でもその叔父さんが誕生日に貰ったチンチラのコート(American Gangster / アメリカン・ギャングスター (2007)でもデンゼルが着ていたようなコートね)のせいで亡くなってしまう。そこから子供達が叔父さんが残してくれたものを再生していこうとするのですが...

何ていうか、パロディの仕方が所謂「イン・ユア・フェイス」というこれでもか!という過激な感じではある。アル・パチーノのパクリで、アリ・パチーノっていうピンプが居て、アル・パチーノの映画の台詞をパロディしてたりするし、デンゼルの真似するピンプ、ゲイなのにピンプとか... 中でも一番笑ったのが「Hustle & Flow / ハッスル&フロウ (2005)」のパロディ。テレンス・ハワード役の人が、ずっと泣いてる。50セントのパロディは酷い。バナナで釣られてしまうんですよ。ゴリラじゃないんですから...

キャストは割りと豪華。デビット・アラン・グリアとか「Friday After Next / 日本未公開 (2002)」クリフトン・パウエル(もう「Next Friday / ネクスト friday (2000)」の時のピンキーそのままでしょ!)とか、「Why Did I Get Married? / 日本未公開 (2007)」のターシャ・スミスとか、「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」のキム・ホイットリーとか、「Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood / ポップ・ガン (1996)」のダシキ演じていたトレイシー・シェレル・ジョーンズとか、同じ映画でプリーチ演じていたクリス・スペンサーとか。ターシャ・スミス以外は、顔ぶれがウェイアンズ映画とかアイス・キューブ映画。

でも全体としては、何が言いたいとかよく分からない。もう80年代にロバート・タウンゼントとかウェイアンズ家族が散々やってきた感じもあるし、今更感もある。とにかく支離滅裂。

感想やあらすじはこちら

(2.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)