SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Pimp / 日本未公開 (2018) 1662本目

ピンプ映画の新たな扉を発見!女ピンプ物語『Pimp』

ピンプ。ヒモ。ポン引き。売春斡旋業者。ピンプと言えば映画『The Mack / 日本未公開 (1973)』と『Willie Dynamite / 日本未公開 (1974)』である。ド派手な毛皮に目立つドでかいキャデラック!とにかく派手に振る舞った方が良いのだ。なぜなら、あのピンプに付けば自分もあのように派手に暮らしていけると、女たちに思わせることができるから。でも、それは警察やライバルに目を付けられることになる。そして大抵は、麻薬で女たちを繋ぎとめる為にも麻薬にも手を出していることが多い。いや、多いのレベルではなく、ほぼ99%そうであろう。なにせ裏社会の人々ですから。犯罪とか暴力とか大嫌いだし絶対に許せないし、下ネタも引いてしまう私ですが、なぜかピンプ映画は大好きでして、『Willie Dynamite』は好きなブラックスプロイテーションのトップ3に君臨する位だし、いや好きなオールタイム映画トップ10にすら入るくらい好き。元々本物のピンプで後になぜか小説家として成功するアイスバーグ・スリムやドナルド・ゴーインズの世界観も大好きで読み漁った時期がある。そんな私が観た女ピンプ物語。

ニューヨークのブロンクスに生まれ育ったウェンズデー。彼女の父(DMX)はピンプで、母(アンジャンヌ・エリス)は父の下で働いていた元売春婦。そんなウェンズデーは10歳の頃から父の手伝いで売春婦の身の回りの手伝いをしており、ピンプとはどういうものか分かっていた。近所に住むニッキーが大好きで仲が良く、ニッキーの所も恵まれた環境ではなかった。ある日、父と母が麻薬でハイになり、その末に父が死んだ。残された母は、ウェンズデーに「これから私はどうしたらいいの?」と泣きつく。それから数年経ち、ウェンズデー(キキ・パーマー)は成長し、女ピンプとして父の家業を継いでいた。そしてニッキー(ヘイリー・ラム)がいつも側に居たが、母は麻薬関係でしょっちゅう刑務所暮らしで保釈金などを用意していたウェンズデーは金銭的に苦しい状態にあった。そんな時、ディスティニー(ヴァネッサ・モーガン)という美しい女性と出会うが...

私の中でキキ・パーマーは絶対にいい感じに成長する子だと信じておりました。『Akeelah and the Bee / ドリームズ・カム・トゥルー (2006)』とか『The Longshots / 奇跡のロングショット (2008)』とか上手くて本当に可愛かった!たまにハリウッドで成功して変な感じになる子役っているじゃないですか?あれには絶対にならないと。Tatyana Ali (タチアナ・アリ)タイプのいい感じのお嬢様になるのではないかと信じていたのですよ!!!だから、この女ピンプ役は私にはかなり衝撃的でした。でも演技は本当に上手い子なので、凄いピンプでした。全然違和感なかったし、そうか女ピンプとはこういう世界なのか!と。そして、余り出番はないけれど、DMXが最高でした。出番こそないけど、主人公をピンプの道に進ませたと納得する存在感がありました。DMXとピンプだと、ドナルド・ゴーインズ原作の『Never Die Alone / ネバー・ダイ・アローン (2004)』を思い出した。その作品もだいぶ好きで、ヘロインとコカインの違いをDMXに叩きこまれました。そ、し、て... アンジャンヌ・エリス。もう手が痛くなる位書いておりますが、過小評価されている女優。不埒で脆い母親役が上手過ぎで、今回は流石に嫌いになりそうだったよ。その位上手い女優の1人。女ピンプという珍しい立ち位置のウェンズデーだけど、友人のサイエンスとマルコムが、女扱いも男扱いもせず、友人として普通に絡んでいるのが凄く好き!しかもこの2人頼りになるし、優しいし、最後... 友達として最高過ぎる!逆に人として酷すぎるのがケニー!ウェンズデーのライバルピンプとなる男。『トワイライト〜初恋〜』とか『X-メン』にも出ていたエディ・ガテギが演じている。もうね、最低過ぎで恐ろしい!絶対に街で見かけたら目逸らすタイプ。という感じで盛り上げてくれております。

制作総指揮は『Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)』やTVシリーズEmpire / Empire 成功の代償 (2015-Present)』のリー・ダニエルズ。監督はクリスティーン・クロコス。知らなかったので名前でググったらスパイス・ガールズのメルBの元カノだったらしい。最近、なぜかニューヨークが舞台で黒人女性(大体ティーン)が主人公のインディペンデント映画って、白人女性が監督している。ここ2-3年ずっとそうなのです。この傾向の理由が、未だ私には見つけられていない。そして大体が面白い作品。

この映画はアイスバーグ・スリムやドナルド・ゴーインズの世界とはちょっと違うけれど、また新たな扉を開いてしまった作品。私好みの役者たちが、その扉の向こうで活き活きとしていた。DMX、早く完全復活して戻ってきて!

Pimp / 日本未公開 (2018)(4.25点:1662本目)