SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tactical Force / 日本未公開 (2011)

Cast >> Steve Austin (SWAT Captain Frank Tate), Michael Jai White (Hunt), Candace Elaine (Ilya Kalashnikova), Lexa Doig (Jannard), Steve Bacic (Blanco), Michael Shanks (Demetrius), Michael Eklund (Kenny) ...
Director >> Adamo P. Cultraro
Writer >> Adamo P. Cultraro
Producer >> Jack Nasser
Genre >> Action

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 3

'Cause Stone Cold said so...
スーパーに強盗が入り、LAのSWATチーム(スティーブ・オースティン、マイケル・ジェイ・ホワイト等)が出動した。彼等は派手に犯人を追い詰め解決した。ヒーローになったつもりだったが、被害総額の方が大きく、上司に怒られて、再トレーニングを言い渡された。彼等は遠く離れたビックベアの倉庫までトレーニングに行くが、そこでは運悪くなにやら怪しい人物達が取引をしていた...

WWEのスーパースターのストーン・コールド・スティーブ・オースティン主演のアクション映画である。WWE時代は、私はザ・ロック様派だったので、ストーン・コールドのストーンコールド・スタナーに全く魅力を感じていなかった。早くビール飲んでしまえ、このテキサス蛇男が!とさえ思っていたほど、実は苦手。映画に進出しても「ロンゲスト・ヤード」のチョイ役では魅力が分からなかった。映画でもザ・ロック様の方が上だわ!と思っている(今でも)。しかし...演技とか内容とか無視してしまえば、意外とこの映画は最後まで見てしまうのである。キース・ジャーディンに体当たりするのとか面白い。共演のマイケル・ジェイ・ホワイトの綺麗な角度のハイキックとは違う、ヘンな男臭さのある体当たり。内容は全く面白くないけど、男臭さが面白い。

プロレスじゃなくて、映画でストーン・コールドのプロレス技の面白さを発見した。

(10/14/11:DVDにて鑑賞)