SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Tactical Force / 日本未公開 (2011) 910本目

マイケル・ジェイ・ホワイト様、ご登場。WWEのストーン・コールド事、スティーブ・オースティンと共演。そしてなぜかストーン・コールドが主役。2人はLAのSWATチームに属していて、ストーン・コールドが上司。他に女子1名ともう一人の男子と4人のチーム。冒頭でスーパーに入った強盗を4人は派手に始末。褒められると思ったら、被害の方が大きいと上司が激怒で、4人は訓練のやり直しを命じられて、LAから離れたビックベアにある倉庫で訓練開始。と思ったら、先客が居た。彼らはとある物を巡って、そこに居たのだった。しかもその物を追っていたのが、対立するギャングの2組。そんな事も知らずに訓練をしていくんですわ。と、まあ大体想像つきますよねー。よくあるB級アクションなんです。でも大して面白くはないんですが、ついつい最後まで見ちゃう面白さはありました。

感想でも書いたんですが、WWEでは私はザ・ロック様派でしたので、ストーン・コールドが出てくるとガッカリしてたんですよねー。オーイエー!じゃないよとか、早くビール飲んでしまえばいいのに..とか思ってました。彼のプロレス自体もそんなに好きじゃなかったし。まあザ・ロック様もプロレス自体はそんなに好きじゃなかったんですが、マイクパフォーマンスが楽しみでした。私、ストーン・コールドとかザ・ロック様とかのパワー系よりも、RVDとかジェフ・ハーディとか飛ぶ人が好きなのです。でも今回はストーン・コールドのパワー系のプロレスの面白さが出てましたねー。実に男くさい。格闘家のキース・ジャーディン相手にガンガンぶつかっていくんです。二人の寝技対決。それとは全く違う形で、マイケル・ジェイ・ホワイトが綺麗な鋭角で決める蹴りとかもあって、楽しいです。二つの別の味を一緒に楽しめるという感じですね。しかもマイケル・ジェイ・ホワイトが何だか銃マニアで名前までつけていて、まるで「俺がハマーだ!」のハマーのようなキャラ。しかもお婆ちゃんの名前。でも敢えて本音を書くなら、やっぱりマイケル・ジェイ・ホワイトをもっと見たかった!

なんていうか現代のカウボーイ的な映画。失う物は何も無い連中がやってしまう感じ。何回も見ちゃうような映画じゃないですが、まあ1回位は楽しめる映画なんですわ。本当によくあるタイプのB級アクションです。

感想やあらすじはこちら

(3.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)