SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Green Lantern / グリーン・ランタン (2011) 926本目

特に見たい映画が手持ちに無かったので、何かうちのオヤジさんが買った物を...と漁っていたら、緑のケースに惹かれちゃいました。女子なのにピンクよりもグリーン。大好きなんです。目に優しいしね。

と見たんですが、すっかり忘れていた!アンジェラ・バセット女史が出ていた事を!!!ブラックムービー界の女王ですよ。アンジェラ・バセットが脚本読んで出演決めた位だから、間違いない!と思ったんですがね...っていうかさ、うちの女王をあんな風にガラス付けにして!!許さんのですよ。マジで。あの仕打ちは何??でもアンジェラのあの役は次回作があるとしたら、もしかしたら出演するかも?という希望はありましたが、もう出なくていいでしょう...

というかですよ、主演のライアン・レイノルズは確かに男前。今までヒーローを演じてきた俳優の中でも、かなり男前度は高いと思う。だって、「アイアンマン」のロバート・ダウニー・ジュニアは男前というより演技派で人気だし、「スパイダーマン」のトビー・マグワイアも男前というより母性本能擽る可愛さで、「バットマン」のマイケル・キートンはねぇ...男前じゃないし、あ、新しいバットマンクリスチャン・ベールとかジョージ・クルーニーなんていうのも居ましたね。まあ唯一ライアン・レイノルズのよりもカッコいいのは、やっぱり「スーパーマン」のクリストファー・リーヴかなー。でもさ、このレイノルズが途中からなぜかサッカー日本代表の長谷部選手に見えてきてしょうがなかった!だったらやっぱり生き方も男前で心が整っている長谷部選手の方がカッコいいしなーとか思ってきちゃいました。なんか特徴が無いんですよね、悪い意味で。癖のない俳優なんでしょうねー。こういう映画よりも、やっぱり普通のロマンチックコメディの方が似合うんじゃないかな?そしたら、今度は共演女優が木下優樹菜に見えてきたから不思議!なんか、長谷部と木下優樹菜がいちゃついているように見えてきちゃいましたー。やっぱりフジモンだと絵にならないんだわーと思いつつ...

悪くないんですが、普通過ぎる!点数もやっぱり普通。この映画を一言で言い表せてしまう。もちろん「普通」。いや普通の男がスーパーヒーローになる楽しさを伝えたかったかもしれないけれど... 普通過ぎるのよ!最後は次回作を思わせる作りでしたが、作るの?また??

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:DVDにて鑑賞)