SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Black Dragon's Revenge The Death of Bruce Lee / 日本未公開 (1975) 898本目

香港で制作されたロン・ヴァン・クリフの「ブラック・ドラゴン」3部作の1つ。って、あたかもロン・ヴァン・クリフ知ってる体で書いてしまいましたが、ジム・ケリーが誰もが知る主流(そうでもないか?)なら、ロン・ヴァン・クリフはマニアが知る傍流。うちの夫は無茶苦茶カンフーオタクなのに、なぜかこのロン・ヴァンを知らなかった!この映画のラストを見せたのに、やっぱり知らないと言っていた。ショック。という事で、黒人の間でも相当マニアじゃないと知らないと思う。うちの夫の名誉の為に書いておくけど、本当に夫はマーシャルアーツ映画が大好き。もちろん私よりもそれについては詳しい。多分、ロン・ヴァンは香港でメインに活躍していたのもあって、逆に日本での方が知名度があるんじゃないかな?このロン・ヴァン・クリフは日本にも関わっていて、ヴェトナム戦争時に海兵隊に所属し、その時に沖縄で沖縄空手を習っている。ロン・ヴァンの「ブラック・ドラゴン」は、ブルース・リーが与えたもの。その「ブラック・ドラゴン」と、空手大会にて4回の世界チャンピオンになった(キャリアとしては5回のチャンピオン)事が大々的に広告で使われて香港のB級で活躍したのです。

ちなみに前作は「Black Dragon / 日本未公開 (1974)」。その時にも書いたように名前が使われたくせに、殆ど出演していない。でも今回はしっかり出演。ちゃんと誰が何と言おうと主役よ!でも突然この世を去った伝説のブルース・リーの死を搾取するという後味も趣味も悪い作品。ロン・ヴァンは、アメリカにて中国人のお金持ちに「ブルース・リーの死を調査して欲しい」と大金詰まれて、香港に飛ぶのです。まあ彼の主演ぶりを見て、なんで前作では主役じゃなかったのか分かった気がする。マーシャルアーツは文句なしに素晴らしいが、演技が下手!台詞棒読みだもん。仕方ないさ。まあ演技する気もなかったのかも?ロン・ヴァンの役名もロン・ヴァン・クリフ。ロン・ヴァン・クリフが本人役で出ている感じですかね?内容も前作の方が面白かった。ちなみに前作の主役ジェイソン・パイ・ピョウもこの映画に登場!彼の方が演技が上手い。ジェイソン・パイ・ピョウ、気になるわー。でもロン・ヴァンのラストシーンはいいですね。音で表すなら、ボキボキです。周りのキャラクターも面白いのが居ましたね。ヘビ女とか。後、ロン・ヴァンのベトナム時代の友人として出てくる白人のチャーリー役のチャールズ・ボネットも良かった。

やっぱりロン・ヴァンは演技が出来なかったせいか、その後は裏方として活躍。「The Last Dragon / ラスト・ドラゴン (1985)」の主役タイマックを指導したのもロン・ヴァンなのです。でもロン・ヴァン自身は自分の映画の中ではこの映画が一番のお気に入りらしい。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)