SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Landlord / 真夜中の青春 (1970)

Cast >> Beau Bridges (Elgar Winthrop Julius Enders), Lee Grant (Joyce Enders), Diana Sands (Francine MarieJohnson), Pearl Bailey (Marge, Tenant), Walter Brooke (William Enders Sr.), Louis Gossett Jr. (Copee Johnson), Marki Bey (Lanie), Mel Stewart (Professor Duboise) ...
Director >> Hal Ashby
Writer >> Kristin Hunter (novel), Bill Gunn
Producer >> Norman Jewison
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Everybody wants a home of his own
エルガーボー・ブリッジス)は29歳でロングアイランドにある両親の豪邸に住んでいた。何かをしようとブルックリンにあるおんぼろアパートを買い、大家となった。黒人ばかりが住むアパートで、マージ(パール・ベイリー)にはいきなり銃で脅かされ、コーピー(ルイス・ゴセット・ジュニア)と仲間には追いかけられたりしたが、次第に心を打解けていく。そんな時に美しいレイニー(マーキー・ベイ)に出会い恋に落ちるが、その一方でアパートの住人でコーピーの彼女であるフランシーン(ダイアナ・サンズ)とも関係をもってしまう...

ポスト60年代の皮肉的な芸術作品である。何と言っても出演者とスタッフが素晴らしい。パール・ベイリーにルイス・ゴセット・ジュニアにダイアナ・サンズ、マーキー・ベイ、リー・グラントにハル・アシュビー監督にノーマン・ジュイソンが制作でビル・ガンが脚本。それだけでなんとも言えない。彼等それぞれの歴史がこの映画にも詰まっている。映画はハル・アッシュビーの監督デビュー作になり、そのデビュー作らしい前衛的で挑戦的な映画作り。70年代らしい幻想的なシーンも多い。60年代後半から70年代に掛けて、黒人の人々のアンセムともなった「私は黒人、そして私は美しい」を効果的に台詞に使っているのは、さすが70年代から活躍する数少ない黒人脚本家ビル・ガンにしか出来ない。マーキー・ベイの可憐なチャーミングさとダイアナ・サンズの逞しくも脆い女性像が美しい。そして若く悩むコーピーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアと、年を重ねた賢明なプロフェッサーを演じたメル・スチュアート公民権運動以降の黒人男性の苦悩を描いている。

誰もが雨風しのぐ自分だけの家が欲しい。公民権運動でマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師を失った後、黒人の人々は苦悩をしのぐ何かを欲しがっていた。そんな時代の作品。

(7/19/11:DVDにて鑑賞)