SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Emanuelle 2 / 日本未公開 (1976) 827本目

なぜか「2」から観ました。というのも、「2」だけレンタルであったから。というか、何で観たんだろう??「1」について調べていたら、日本でもファンページがある位だったので、これは面白いでしょ!と思って探したら「2」だけあった。買うのもなーという事で、「2」だけ取り合えず挑戦。

でも「1」の主役だったラウラ・ジェムサーは出ていない。ちなみにラウラ・ジェムサーは褐色ではあるけれど、所謂アフリカ系ではない。でもこの「2」のエマニエルはアフリカ系の女性。凄く可愛い。スタイルも素晴らしい。裸体も凄く綺麗。でも物語がどうしようもない位面白くない。最初はそのエマニエルが裸体でなぜか白人の男に鞭打ちされている。モデルだったエマニエルはベイルートで爆発の被害にあって、エマニエルは記憶喪失になってしまった。アメリカに戻り、入院し先生に診てもらっている。先生に過去を語るが、先生がその相手に話しを聞きに行くと全然違うというもの。その記憶の大抵がエロ。日本の女性が狂喜した「エマニエル夫人」のような、想像力を掻き立てるゾクゾクするようなセクシーなエロさでもなくて、ガッカリ。ネタばれしちゃうのは申し訳ないけど、最後はレズビアンにはしるという... きっとポルノ映画の方がまだ面白いでしょうね。セックスプロイテーションの割りには、そこでお客の心をつかんでない。でもこれがもっとエロかったら良かったとも思わない。エロいのを観たければ、ポルノを観ろ!って感じですから。エロさの中に想像力を使う面白さやキャラクターや物語の愛嬌を求めたのですが、イマイチそういう魅力の全てが欠けましたね。

しかしアメリカじゃなくって、イタリアがこのような映画を量産していたのは面白い。この時代にはフレッド・ウィリアムソンやジム・ブラウンもイタリアに渡って映画撮ってたりする。イタリアには黒人俳優を受け入れる土壌があったのか、それともプロイテーションの見世物として黒人俳優を要していたのか... そして今全く作っていないのは何なのか... 気になる所でもありますね。今度じっくり調べたい。ま、それもあって観ました。何か言い訳みたいだけど...けっけっけ。

これはガッカリです。

感想やあらすじはこちら

(2.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)