SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

This Rebel Breed / 暴走する反抗族 (1960)

Cast >> Rita Moreno (Lola Montalvo), Mark Damon (Frank Serano), Gerald Mohr (Lt. Robert Brooks), Jay Novello (Papa Montalvo), Eugene Mazzola (Rudy Montalvo), Al Freeman Jr. (Satchel), Ike Jones (Latimer), Hari Rhodes (Claude) ...
Director >> Richard L. Bare, William Rowland (additional scenes)
Writer >> Irma Berk & William Rowland (story "All God's Children"), Morris Lee Green
Producer >> William Rowland
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 3

Interesting teen movie
ロサンジェルスの高校で麻薬取引が行われているとの情報をつかんだ警察は、若く見える黒人とメキシカンのハーフのフランク(マーク・ダモン)と白人のドンを高校に侵入捜査を開始させた。その高校では白人ギャングのロイヤルズのリーダーであるバックと、黒人ギャングのエボニーズのサッチェル(アル・フリーマン・ジュニア)、ヒスパニックギャングのカバレロスのマニュエルの3組の力が拮抗していた。バックは黒人地区やヒスパニックの地区にマリファナ市場を開拓するように、元締めにプレッシャーを掛けられていた。バックはマニュエルの妹のローラ(リタ・モレノ)に目をつける...

ちょっと変わったティーン映画。無駄な女性の裸体シーンが無ければ、もっと面白かったと思う。中途半端にエクスプロイテーション的なのが残念だ。60年代を舞台に、と言うか50年代最後を舞台に、「(白人にとっての)50年代の良き古き時代は終わった」とばかりに、若者達が暴れまくる。ここでもパワーを3等分しているのが、白人と黒人とヒスパニック。教室にはヤマモト君という日本人もいるが、力関係には関係していない所が日本人らしさを感じた。やはりバック率いる白人が権力を支配しようとする。彼等はマリファナを利用して、黒人とヒスパニックの地区に進出しようとするのだ。ヒスパニックのマニュエルがそれに断固断るシーンが好きだ。この時代のヒスパニックのイーストLAや黒人地区の映像がちょっと出てくるのも面白い。そして、この映画ではパッシングも扱っている。白人にしか見えない黒人が白人を通すというパッシング。そして異人種恋愛も扱っている。

時代を反映したギャングに麻薬にパッシングに異人種恋愛と、色々な問題を扱っているし、ローラ役のリタ・モレノやアル・フリーマン・ジュニアが良い演技を見せているが、無駄なセックスプロイテーション的なシーンもあるのが非常に残念である。

(9/15/12:DVDにて鑑賞)