SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

The Social Network / ソーシャル・ネットワーク (2010) 801本目

今年のオスカー候補ナンバー1!だよね、多分。
なぜそう囁かれているのか、観れば分かる。今年のタイム誌の年の人にも選ばれた主役のマーク・ザッカーバーグジェシー・アイゼンバーグハーバード大学に通う今風の難しい男を実にリアルに等身大に演じている。この人上手いねー。マーク・ザッカーバーグ本人はこの映画を完全否定しているようだけど、多分実際にはこんな感じだろうなーとは思う。もちろん本人に会った事ないから本当の事はわからないし、全く知らない人だけど、何となくこんな印象はある。でも正直、フェイスブックにはアカウントを持っていない私には、この映画の熱狂的な好評ぶりには、いささか引いた目で見てしまう部分もある。確かに優れた作品ではある。私はフェイスブックの楽しさは知らないし、その制作者であるマーク・ザッカーバーグにも興味はない。なのに2時間その話を聞かされ見せられても飽きない。ハーバード大学という誰でも知っている名門に通う秀才が、人付き合いや社会的適応にどこか欠けていて、そんな男が世界を制するような一大巨頭を作り上げてしまう面白さ、そしてアイビーリーグの人達のドロドロとした知能戦に人情が絡んでくるのは面白い。でも人間ドラマとして全く魅力を感じる事が出来なかった。「こうなりたい!」と思う事はまず無いし、これを反面教師にして...とも思えず、複雑な気分で劇場を後にした。いちよう私の大好物の青春映画ではあるのだけど、青春映画につき物の魅力的なキャラクターが全く出て来ない。でも優れた作品という複雑さ。いい作品なのは本当によく分かる。でも好きか嫌いか?と聞かれれば... どちらでもなく... 好きではない。かな。

(4.25点/5点満点中:劇場にてダンキンドーナッツのボストンクリームを食べながら鑑賞)