SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

21 Jump Street / 日本未公開 (2012) 1000本目

(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*) 1000本目となりました!最初の記憶がないので、探してみました。2005年の4月29日から始めて、7年と18日。1年平均142本。年間目標が150本だったので、ちょっと少ないかな。7年間の間に色んな所を行ったり来たりしているので、まあ中々だと思います。でももうちょっと早く達成すべきでした。で、1000本目に全く相応しくないですが、そんなの関係ねぇー!と見た映画が今回の作品です!ま、これからもどんどんとマイペースで見てきますのでよろしくね。ひょっとしたら、数とか数え間違えていて1000本じゃないかもだけど、まあ多分今ぐらいが1000本って事で。

「21ジャンプ・ストリート」。もっと早く見たかったけど、中々来ないのよね。TVシリーズにはあんまり詳しくないけど、昔にリバー・フェニックス目当てでアメリカの雑誌「16」とか「Tiger Beat」等買っていた頃に、この番組の出演者もそれらの雑誌を飾ってました。って事は、もちろんジョニー・デップもね。このシリーズに出ていた黒人女優のHolly Robinson Peete (ホリー・ロビンソン・ピート)は、黒人の間では今でもアイドル的存在で好感度が高い。前に黒人差別発言をしたジョン・メイヤーも、彼女のファンだったと話すほど。元々のドラマは、超真面目。ティーンの犯罪を無くすのだ!と、みんな頑張ってた。所が、この映画はコメディ。しかも「The Sitter / ピンチ・シッター (2011)」のジョナ・ヒルが制作。「マネーボール」では、オスカーにノミネートされて本人が「え?俺が??」と驚いたほどに、今イケイケの男。コメディ界でも期待されている一人。そのジョナ・ヒルと組むのが、男前のチャニング・テイタム。「G.I. Joe: Rise of Cobra / G.I.ジョー (2009)」では、あんまりそのカッコ良さに気がつかなかったけれど、この映画では魅力的。非常に魅力的!今や、ラブストーリーにアクション映画にドラマにと大忙し。この2人が良い感じの凸凹コンビ!でもその凸凹がいつの間にか逆転する時があって、それが面白いのですよ。そしてその凸凹コンビをまとめるというか...いつも怒鳴っているのが、アイス・キューブ演じる署長。「Fuck da Police」言ってたキューブが、映画で署長ですよ!!最高じゃないですか!

まあこういう元々人気TVシリーズが映画化された時って、ガッカリな事の方が多いじゃないですか?でもこれは満足じゃないかな。最初に書いたように、私はあんまりTVシリーズに思い入れが無いからかもしれませんが... でも一緒に見ていたアメリカ人の観客は、あのカメオ出演の人々(分かると思うけど、いちよう名前は出しません)が出てきた時には拍手して喜んでいたし、映画館出る時にも「いい映画だった」と言ってたから、TVシリーズを見て育った人達も喜んでいた筈。映画評論家の評価も、一般人からの評価も高いし。まあそれはいい感じで主人公が映画の中で成長しているんですよ。ナードだった男はカッコいい男に、カッコいい男は弱い者達の気持ちが分かるようになった男に。で、ちょっと80年代の青春映画的なのもいい。体育のあの先生は、「フェリスはある朝突然に」の校長を何となく思わせるし、チャニング・テイタムの最初の髪型とか笑ったし、アイス・キューブの署長は青春映画じゃないけれど、私の大好きな「俺がハマーだ!」のトランク署長を思わせてくれた!まあ最後はアメリカ映画の青春映画のお約束「プロム」が舞台なのも最高っす!!

ジョナ・ヒル、やっぱりイケイケですよ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:5/11/12:劇場にて鑑賞)