SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Jerusalema / 日本未公開 (2008)

Cast >> Rapulana Seiphemo (Lucky Kunene), Ronnie Nyakale (Zakes Mbolelo), Jeffrey Zekele (Nazareth), Robert Hobbs (Detective Swart), Shelley Meskin (Leah Freidlander), Motlatsi Mahloko (Young Zakes), Jafta Mamabolo (Young Kunene) ...
Director >> Ralph Ziman
Writer >> Ralph Ziman
Producer >> Ralph Ziman, Tendeka Matatu
Genre >> Action
Country >> South Africa

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Welcome to Jerusalema where 90's black American movies live
1994年ラッキー・クネネ(ジャフタ・ママボロ)はソウェトの町で親友のゼイクス(モトラトシ・マーコロ)と共に学校に通っていた。ラッキーは成績も良くヨハネスブルクの大学に志願していた。大学からの合格の通知が届くが、奨学金は出ない事を知ったラッキーは、ゼイクスの兄でロシアで共産党と戦闘を学んできたナザレス(ジェフリー・ジーコレ)からの指導で車を盗むようになった。お金は入るが考えなおして辞めたが、ナザレスから最後と言われた仕事で警察に追われ、ゼイクスと共に故郷を離れた。10年後、ラッキー(ラプラナ・セイフェモ)とゼイクス(ロニー・ンヤカレ)はヨハネスブルクでタクシーを運転していたが...

またもや「ツォツィ」か...と見る前に思った。南アフリカが2006年のアカデミー賞の外国語部門を初めて受賞したあの「ツォツィ」はアフリカの今とアフリカらしい面白いストーリーがあり面白かった。この作品もツォツィ...アフリカのギャングの話である。正直、二番煎じな映画だと思っていた。この監督は南アフリカで生まれ育った白人だが、今はイギリスやLAに住んでミュージックビデオを作っている人である。今らしい最先端の映像技術に、90年代のアメリカのブラックムービーを流行らせた「ニュー・ジャック・シティ」を思わせる内容が、私を完全に釘付けにした。この映画は実在する人物の物語を映画にした訳ではなくて、実際の事を映画にしている。監督が久々に南アフリカに帰ってきた時に友人から聞いた話しを元に調べてラッキー・クネネを作り上げた。その人物像がアンチヒーローで面白い。またそのラッキー・クネネを演じたラプラナ・セイフェモも90年代のアメリカのブラックムービーのアンチヒーローそのものだった。そして冒頭のラッキーの高校時代はセンチメンタルでもあり、男の子が成長する様の物語だったりと実に上手くて飽きない。

私達が愛した90年代のアメリカのブラックムービーが、遠く離れた南アフリカの地でかなり成熟した大人に成長しているのに驚かされる。単なる真似やその上のオマージュという訳でもなく、そこには断固とした彼等らしさも存在し、見事に今の南アフリカを表現し、これが彼等なんだと感じさせてくれる秀作。

(10/23/10:DVDにて鑑賞)