SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Unstoppable / アンストッパブル (2010) 782本目

老いてもデンゼル... 腐っても鯛に代わる新しいことわざにして貰いたいですわ。白髪があってもビール腹でも、デンゼルはいつ何時もデンゼル。デンゼルが居るから世界が回る。その位にデンゼルは素敵。デンゼルが居るからドキドキするのか、それともこのストーリーがドキドキさせてくれるのか分からない程にドキドキ。このときめきは何でしょうね??映画とデンゼルの相乗効果。この映画を見た夜は興奮して眠れませんでしたわ。内容的には「The Taking of Pelham 123 / サブウェイ123 激突 (2009)」と同じなんじゃないの?同じデンゼルでトニー・スコット監督で列車だし...と思ってました。全然違うね。こっちの方が明確単純で分かりやすい。でも分かっちゃいるけど、ドキドキが止まらない。話が簡単だから、暴走機関車にザ・集中出来ます。あの硬い物質的な機関車がキーキー音を立てて走る姿は、結構イライラするんですがそのイライラが余計に話を面白くしてます。トニー・スコットはこの映画をニュース仕立てで作ったので、余計にライブ感覚であの事件を見ているかのよう。私達もテレビで事件を見守る1人になってしまいますね。私の斜め後ろに座っていた20代の白人兄ちゃん2人組みは、もう観客になりきっていて、イチイチ映画に反応してましたわ。でもそうなってしまうんです。しかも、映画の中ではどうしようもない人為的ミスが続く。イーサン・サプリーはイライラさせてくれますよ!もう映画見る前から大体の内容は分かると思うので、最初で「おい、なんでそこ見ておかない!」と画面に突っ込みそうになる。これまたちょっと太り気味だから、走る姿にもイライラ。もう結果分かってるもん!しかしなんでアメリカ映画における「天然ダメ男」の名前はいつもドゥーイなんだろう??しかも、その暴走する機関車を止める事が出来るボタンが、なぜかガソリンタンクの横(笑)。何でそんな所に〜!見れば笑ってしまうと思いますよ。映画も犬と一緒ね。ちょっと抜けている方が可愛げある。デンゼルの若い相棒を演じたクリス・パインも素敵。デンゼルの娘達はかなりホット。フーターズに勤務ですもの!デンゼルの本物の娘達はインテリなんで、フーターズ勤務はまず無いので、ファンタジーでいいですわね。でも映画ではデンゼルの役設定に最後少しドキっとさせられたりします。えー、そうだったのーって。一瞬で観客を切なくさせます。この映画の中で唯一まともなのがデンゼルの役。

暴走する機関車や列車が映画の舞台になる事は少なくない。ジョン・ヴォイドの「暴走機関車」もあったし、セガールの映画でもあったと思う(水野晴郎の「シベ超」は水野氏が暴走...じゃなかった...)。多くは機関車や列車の中の密室劇でしたが、こちらはそういう要素は無いですね。誰も居ない機関車をどう止めるかですからね。

素晴らしい映画じゃないですが、映画で観客を楽しませるという任務は確実に果たしてくれていると思います。とにかくドキドキ。「The Taking of Pelham 123 / サブウェイ123 激突 (2009)」と点数が0.25差ですが、おススメするとしたらこちらの映画ですね。確実に。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:暴走する劇場にて鑑賞)