SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

トニー・スコット監督とヴィンセント・トーマス橋

トニー・スコット監督が亡くなった。ハリウッドで大成功した監督の1人で、兄は同じく成功した監督リドリー・スコットデンゼル・ワシントンが好んで組む監督の1人であり、私にとっては大好きなデーモン・ウェイアンズが「The Last Boy Scout / ラスト・ボーイスカウト (1991)」に出演しているのもあって、何度も彼の映画は観てきた1人。「トップガン」を見て、アメリカ海軍にはエリートの飛行士がいる事を初めて知った。その監督が、ロサンジェルスの橋から自殺をした。それもショックだった。なにせ、あの橋はうちの夫が毎日のように通った橋であり、私も何百回も渡った橋だったから。それ故に、あの橋で自殺をする難しさを知っている。日中にあの橋の途中で車を止めるのは不可能に近いし、あの進入を防ぐ高い網を越えるのも不可能。自殺の名所という訳では決してない。なぜあの橋を選んだのか?ハリウッドからは少し離れているし、なにもあの橋を選ばなくても、ロサンジェルスには有名な場所が沢山ある。ニュースを聞いた時に、なぜ?という言葉しか浮かばなかった。

なんでも監督のあの橋には思いいれがあったらしい。デンゼルとの最後の作品になった「Unstoppable / アンストッパブル (2010)」では、取り直しの為に使ったのが、ヴィンセント・トーマス橋のすぐ下にある線路。ちなみにここの線路は「Hancock / ハンコック (2008)」でも使用されている。そして監督はウォーター・ヒルの「The Warriors / ウォリアーズ (1979)」のリメイクを制作を望んでいて、そのロケ地に思い浮かべていたのが、このヴィンセント・トーマス橋だったとの事。監督は「10万人の本物のギャングをヴィンセント・トーマス橋に集めて立たせて、ワンショットで撮ってみたい」と、2009年に語っていたと言う。

Tony Scott Update: Director Had Personal Connection to San Pedro Bridge | Hollywood Reporter

安らかに。