SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Taking of Pelham 123 / サブウェイ123 激突 (2009) 609本目

見てきたよ。私の所でも1ヶ月位前から公開はしていたのだけど、中々タイミングが上手く合わず... 実は今回もどうしようか迷ったんだけど、雨が降る予定だったのに降らなかったので、これは何かの印かも?と重たいお尻腰を上げて行きました。とは言え、私今回のデンゼル・ワシントントニー・スコット監督のコンビ「Man On Fire / マイ・ボディガード (2004)」という映画がまぁーー苦手でして... でもデンゼルはもちろんご存知の通り大好きな俳優の一人ですし、トニー・スコットデーモン・ウェイアンズブルース・ウィリスって書けよ??)の「The Last Boy Scout / ラスト・ボーイスカウト (1991)」とか「トゥルー・ロマンス」とか「ビバリーヒルズ・コップ2」だって好きだし、「トップガン」も「Enemy of the State / エネミー・オブ・アメリカ (1998)」も嫌いじゃないです。でも「Man On Fire / マイ・ボディガード (2004)」の苦手意識が強すぎてしまって...

でもまぁ、最初の1時間はちょっと辛いかな??サスペンススリラーだと最初の1時間は仕方ないかな??トニー・スコットらしい男の世界ですわ。彼のカメラワークとかカッコいいんですが、それがちょっと苦手でして... ニューヨーク市長を演じた真ん丸俳優ジェームズ・ギャンドルフィーニの周りのクルクル回るカメラとか、ちょっと目が回ります。でも... 何度もリメイクされていて御なじみのストーリーを現代風にインターネットとかを駆使してアレンジしてストーリーもポスト911以降のアメリカとかニューヨーク市長が大統領に立候補しちゃうのを批判したりと、中々じゃないでしょうか?アメリカの映画評論家のロジャー・エバートはこの映画でのデンゼル・ワシントンジョン・トラボルタの情熱を感じる事が出来なかったと書いていたけれど、確かにジョン・トラボルタは普通だったけど、デンゼルは中々良かった。オリジナルでは刑事役だった男が今回は普通のサラリーマン...というか、ちょっと普通じゃない過去もあったりするんだけど、まあ権力のない普通のリーマンです。上司に「お前なんかもう用はない、帰れ!」と言われた時の表情と背中ね。哀愁ある普通のリーマンでしたよ。自分もヒーローになれるんじゃないか?と思った時でしたからね。あの表情は最高でした。まあ、それでニューヨークの地下鉄と町でひと悶着ありまして... デンゼルがヒーローになったりと大変ですが... 最後には「普通のオッサンに戻ります!」みたいに、山口百恵のステージにマイクを置いて...じゃないですが、牛乳買って帰ります。でもガロンと奥さんが言ってたのに、半ガロンのパックの方を買って帰ってしまう。あれ、家に入ったら奥さんにそれで泣きながらハグされて、でも怒られるんだろうな...とか想像しちゃいます。台詞でもあったけれど、あの時のデンゼルは半ガロンが丁度良いと思っていたから、家庭内での男の意地で半ガロンなんだろうなーと思います。でも普通のオッサンなんで、家に帰るのが嬉しくて仕方ない感じ。いつものようにそつのない演技でしたが、あの感じを毎回やってるデンゼルはやっぱり凄いと思うのですよ。デンゼルも良かったけれど、ダルマ俳優のジェームズ・ギャンドルフィーニも良かった。「ソプラノ」のマフィアのボスですね。「アメリカン・ギャングスター」のギャング対マフィアという、この2人が対決する映画も見たいなー。あとは、名もないニューヨークのヒーローというか人質の一人を演じたベンガ・アキナベは、ラッパーWaleの従兄弟らしい。へぇ。

それにしても女性が殆ど出てきません。人質の何人かと電車の車掌さん、デンゼルの妻を演じたアンジャンヌ・エリスと、恋人とネットで繋がっている頭の悪そうな女の子だけ。まあ、男くさい世界です。それだけに台詞も男同士ぽい会話が続いていきます。

しかしなんで日本の鉄道会社が出てくるのかなーと思ったら、オリジナルでは逆に日本の鉄道会社関係がニューヨークに視察に来ていたんですよね。なるへそ。最新テクノロジーでは日本とアメリカの立場は逆転したなー。未だに日本=金持ち国家のイメージだからかと思いました。まあそれもあるんだろうけど。そういえば、アメリカでの鉄道事業で、今日本の新幹線の技術を取り入れるか、それともフランスのTGVを取り入れるかで、悩んでいるというニュースを見た事がある。何ともタイムリーな!!

まあ合格点です。普通に楽しめると思います。少なくとも私は「Man On Fire / マイ・ボディガード (2004)」時みたいな拒絶反応は起きませんでしたよ。

感想はこちら

(4点/5点満点中:劇場にて鑑賞)