SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

White Wedding / 日本未公開 (2009)

Cast >> Kenneth Nkosi (Elvis), Rapulana Seiphemo (Tumi), Zandile Msutwana (Ayanda), Jodie Whittaker (Rose), Mbulelo Grootboom (Tony) ...
Director >> Jann Turner
Writer >> Jann Turner
Producer >> Kenneth Nkosi, Rapulana Seiphemo, Jann Turner
Genre >> Comedy
Country >> South Africa

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Urban feel good African movie
ヨハネスブルクに住むエルビス(ケネス・ンコースィ)は、ケープタウンに住むアヤンダ(ザンディル・ムツワナ)と結婚する事になった。独身最後の男だけのパーティをしに、親友のトゥミ(ラプラナ・セイフェモ)の所に向かうが、気のいいエルビスは空港で迷子を見つけ助けたばかりに、バスを乗り過ごしてしまった。半日遅れで到着したエルビスを、トゥミは迎えに行くのを忘れてしまい、そこから結婚式までの間、とんでもない波乱に巻き込まれてしまい...

南アフリカ産の現代ラブコメディである。アメリカの俳優に置き換えても通用してしまう。2人の主人公の男性も職業こそ語られて居ないが、お金に苦しむ訳でもなく、かなり成功しているように感じた。南アフリカの映画は政治的な映画が多い中で、このようなごくごく普通(じゃないのかもしれないが)な若者達の日常生活を見る事が出来るのは、新鮮で興味深い点が沢山あった。軽いラブコメながら、南アフリカに於けるアフリカーナーと黒人の関係、そしてアフリカーナーがイギリス人の白人を嫌っているというのも興味深い。

気持ちがいい位のハッピーエンド!そういえば、こんな南アフリカ映画も見てみたかったんだ!と思わせてくれた作品。

(2/6/11:DVDにて鑑賞)