SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

White Wedding / 日本未公開 (2009) 825本目

南アフリカもこういうラブコメ作るようになったんだ!!!と、ちょっと驚いた次第です。アメリカだったらメグ・ライアン(古いか?)が出ていてもおかしくない、普通のラブコメ。気の良い新郎が独身で遊び人の親友と共にトラブルに巻き込まれていく...って、本当に普通でしょ?感じとしては「The Wood / ソウル・メイト (1999)」にもちょっとだけ似てる。気の良い新郎を演じたのが、「District 9 / 第9地区 (2009)」は海老さん達を追い込んでいた政府軍の1人を演じていたケネス・ンコースィ。「Tsotsi / ツォツィ (2005)」でも、ツォツィの仲間の1人でしたね。そのンコースィ演じるエルビスの親友トゥミを演じたのが「Jerusalema / 日本未公開 (2008)」のラプラナ・セイフェモ。彼も「Tsotsi / ツォツィ (2005)」に出ていて、彼は丘の上の子供を連れて行かれるお金持ちの役。この2人がこの映画の制作も務めております。新婦も可愛い!ロビン・ギブンス(元マイク・タイソン夫人)みたい!その妹はニア・ロングみたいだった。

びっくりしたのが、南アフリカの映画では政治的な部分が語られる事が当たり前で普通だったと思う。でもこの映画はそこに重点を置いている訳じゃなくて、南アフリカの人や世界中の人が観て、単純に楽しんでもらえるような作りになってる。とは言え、途中で主役の2人はアフリカーナー(オランダ系中心の南アフリカの白人)ばかりのバーに間違えて入ってしまう。そこにはアパルトヘイト時代の旗が飾られてあって... と、アメリカだったら完璧に南部の白人バーに入り込んで、そこでコンフェデレーションの旗を見ちゃうような感じですね。でもそこも割りとサラりとコミカルに描いております。でも、アフリカーナーがイギリス人が嫌いとか細かい事があって興味深い。

何かこの映画で南アフリカの人々の気持ちに初めて触れた感じがしましたね。今までは政治的な大きな問題ばかりを見てきたので、そろそろこういう人々の内面を見てみたかった。南アフリカもこういう時代に突入したんだーと、嬉しくなる作品でしたね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)