SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Hangover / ハングオーバー! (2009)

Cast >> Bradley Cooper (Phil Wenneck), Ed Helms (Stu Price), Zach Galifianakis (Alan Garner), Justin Bartha (Doug Billings), Heather Graham (Jade), Mike Tyson (Himself), Mike Epps (Black Doug), Ken Jeong (Mr. Chow) ...
Director >> Todd Phillips
Writer >> Jon Lucas, Scott Moore
Producer >> Todd Phillips, Daniel Goldberg
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

This is the best morning after!
これから結婚するダグ(ジャスティン・バーサ)の為に親友の小学校の先生であるフィル(ブラッドリー・クーパー)と歯医者のスチュ(エド・ヘルムズ)に加え、ダグの義理の弟となるアラン(ザック・ガリフィナーキス)と共にラスベガスでバチェラーパーティを開いた。翌朝起きると、トイレに虎が居て、スチュの歯は抜けていて、クローゼットには赤ちゃんが居て、ダグが消えていた。残った3人は全く記憶が無いまま、ダグを探すが...

ゴールデングローブ賞まで受賞したコメディ作品。単なる二日酔いパーティ映画じゃない。ロードムービーでもありバディムービーでもあり成長物語であり最高のバチェラーパーティ映画である。今までに沢山のバチェラーパーティで男性が羽目を外すコメディ映画は作られてきたが、これは良い意味で最悪最凶のバチェラーパーティである。ラスベガスの人々の慣れた冷ややかな態度も面白いし、コメディでは基本である驚きの笑いが多いのも面白い。記憶を一個一個辿っていくと、中々繋がらないが、最後にやっと全てが繋がる謎解きも面白いし上手すぎる。とにかく笑いぱなしである。

大人になってお酒を飲むようになれば、一度くらいは記憶を無くした事だってあると思う。次の朝は非常に後悔するが、犯罪さえ犯していなければ1年もすれば笑える武勇伝。この作品は最高の翌朝の後悔である。

(12/19/10:DVDにて鑑賞)