SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Wedding Ringer / 日本未公開 (2015)

Cast >> Kevin Hart (Jimmy Callahan / Bic), Josh Gad (Doug Harris), Affion Crockett (Reggie / Drysdale), Kaley Cuoco-Sweeting (Gretchen Palmer), Jorge Garcia (Lurch / Garvey), Dan Gill (Bronstein / Dickerson), Corey Holcomb (Otis / Alzado), Ken Howard (Ed Palmer), Colin Kane (Fitzgibbons / Plunkett), Cloris Leachman (Grandma Palmer), Jenifer Lewis (Doris Jenkins), Alan Ritchson (Kip / Carew), Mimi Rogers (Lois Palmer), Aaron Takahashi (Endo / Rambis), Nicky Whelan (Nadia), Ignacio Serricchio (Edmundo / Dirty Eddie Sanchez) ...
Director >> Jeremy Garelick
Writer >> Jeremy Garelick, Jay Lavender
Producer >> William Packer, Adam Fields
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 3

"Meet your groomsmen!"
ダグ(ジョシュ・ギャッド)は美しい女性グレッチェン(ケイリー・クオコ)との結婚が控えており、中々ベストマン(新郎付添代表)を探すのに苦労していた。というか、全然無理だった。学生時代から友達が居なかったのだ。みんなに断られてしまう。グレッチェンによりどんどん式の内容も決まっていき、グルームズマン(新郎付き添い人)も多めの7人と決まっていた。適当に名前や設定を付けてしまった。結婚式まで残すところ約10日。ウェディングプランナーのエドムンド(イグナシオ・セリッチオ)にそれを察しられたダグは、ジミー(ケビン・ハート)という男を紹介される。言われた住所に行くとそこはミニチュアゴルフやカート場がある娯楽施設だった。そこの地下に事務所を構えていたジミー。彼は友達の居ない男たちのために雇われベストマンになる男であった。色々なパッケージがあるが、ダグの要望を聞いて驚く。今までさすがにオファーを受けた事のないベストマンとグルームズマン7人の「ゴールデン・タックス」だったのだ。友達が一人の居ない事にさすがに驚くジミー。しかも時間が無い。ジミーは渋々ダグの要望を受けるが...

ソニーピクチャーズ(この映画はソニーとスクリーン・ジェムス)のEメール流出というお家騒動にも巻き込まれたコメディ映画。それが原因か分からないが、ずっと興行成績初登場1位と飛ばしていたケビン・ハートも、今回は2位発進。正直、ケビン・ハートもここまでか!と思わせてしまった。内容も正直に書けば「だろうな」という線がずっと続く。思ったとおりに続いていく。だからと言って面白くないかというと、そうでもない。7人のグルームズマンも個性が強くて面白いし、主役の2人だって悪くない。性格悪すぎのフィアンセのパパも面白い。そして私は何と行ってもナディアちゃんがお気に入り!とはいえ、やっぱり容易に読めちゃうんですよね、先が。

何ていうか、テレビとか飛行機の中で放送していたら、確実に見て笑っちゃうタイプの映画です。

(6/11/15:DVDにて鑑賞)