SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

House Party: Tonight's the Night / 日本未公開 (2013) (Video)

Cast >> Tequan Richmond (Chris), Zac Goodspeed (Dylan), Tristin Mays (Autumn), Alex McGregor (Morgan), Julian Works (DJ Bootytime), Ambrose Uren (DJ Hardcap), Gary Anthony Williams (Melvin), Rolonda Watts (Victoria), Keith Powers (Quentin) ...
Director >> Darin Scott
Writer >> Don D. Scott
Producer >> Doug McHenry
Genre >> Comedy

総合ポイント 2.25点/5点満点中
内容 >> 2 演技 >> 3 演出 >> 2 音楽 >> 2

"Show y'all what a real house party's supposed to be. You hear me?"
クリストファー(テクアン・リッチモンド)は、もうすぐ高校卒業を控えていた。親友のディランは、クリスとなら有名なラッパーになれると信じていたが、クリスはラッパーになる夢はあったが、現実的に進学しようと思っていた。そんなディランが、レコードレーベルのインターンとの約束を取り付けてくる。そのレーベルの重役がクリスとディランを見に来るという。しかし披露の場のない2人は、丁度両親が用事で出て行ったクリスの家でのハウス・パーティを計画し、そこに呼ぶ事にした。クリスは初めは嫌々だったが、学校のマドンナであるオータム(トリスタン・メイズ)が来ると聞き、張り切るが...

1990年という90年代始まりの年に公開された「ハウス・パーティ」は、まさしく時代を牽引するエポック作品となった。その映画で監督デビューしたレジナルド・ハドリンは、「ジャンゴ・アンチェインド」のプロデュースしていたのも記憶に新しい。そしてスターは誕生した。キドゥン・プレイだ。彼等のトレードマークでもある髪型ハイトップ・フェイドは、当時の黒人の若者がみな真似したほどに影響力を与えた。そしてファンキー・チャールストンである。とにかくオリジナルは時代を作った。
そして今回は「ハウス・パーティ」の5作目となるらしい。2作目で監督していたダグ・マクヘンリーが制作を担当。「ハウス・パーティ」ファンの私が断言する!これは「ハウス・パーティ」なんかじゃない。「ハウス・パーティ」を名乗った、今時のつまらないダンス青春コメディ映画である。主役はキドゥン・プレイの2人のファーストネームである「クリストファー」だが、全くタイプが違う。今時。その高校卒業間近のクリスを誘惑するおばさんとか酷い!デブとかナードとか、もう使い方が決まっている。

オリジナルというか正式な「ハウス・パーティ」は、黒人の文化を覗き見している楽しさに、キドゥン・プレイの成長を見守る楽しさがあった。こんなの絶対に「ハウス・パーティ」じゃない!プレイの台詞の通り!行きたいのは断然にキドゥン・プレイのリアルなハウス・パーティだ!

(9/1/13:DVDにて鑑賞)