SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Just Wright / 日本未公開 (2010) 772本目

クイーン・ラティファ主演のラブコメ。日本じゃ考えられないかもしれないけど、クイーン・ラティファはラブコメに良く出演する。そして意外にもハマってる。ラティファは化粧品のCovergirlのモデルであり、彼女がプロデュースしているラインまである。ちなみに歌手のリアーナもCovergirlのモデルを務めているけれど、ラインまでは無い。しかも憧れるスターの明かしである自分の名前の入った香水まで発売していて、今年もクリスマス前に新しい商品を発表している。多くの女性の憧れ的存在である事は間違いないだろう。彼女の体格は、日本人にしてみたら「少し太め」の部類に入ってしまうが、黒人の間では「骨太(ビックボーン)」の部類で収まっているのもある。骨太女性は結構多くて、きっとその人たちからの支持が絶大なのがラティファなのかもしれない。今はダイエットして体重を落としたが、ジェニファー・ハドソンもこの「骨太」の部類。

そんな支持力のあるラティファが、ラッパーで俳優としても活躍しているコモンを相手役に選んで作った作品。ラティファはニュージャージー出身で、その故郷への熱い愛も感じました。というのも、コモンが演じるのがNBAニュージャージー・ネッツに在籍するバスケットボール選手スコット。スコットは「俺はずっとレッド&ブルー、ネッツを離れるなんて考えられない!」という台詞があるんですね。まぁーーー、ネッツの選手だったら本当には言わないだろうなーという台詞です。ジェイソン・キッドの頃は良かったけれど、ネッツが優勝なんてまずありえないですから!!そのファンタジーな設定にNJへの愛を感じました。
コモンはセクシーでラブコメにはピッタリだわーと思いましたが、コモンの体つきはNBA選手には見えなかったかな??でも今回のこの役は、ミュージシャンである事もあってコモンが選ばれたのかな?とも思いました。今回は脇を固めた共演の人々も良かったですね。お金持ちの男性を射止める事に情熱を燃やす「ゴールドディガー」なラティファの従姉妹を演じたのがポーラ・パットン。「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」で注目を集めましたね。今回は全く違う役柄でビックリするんじゃないかと... ラティファのお母さんがパム・グリア嬢。このお母さんがいい人なんだけど娘の気持ちをイマイチ理解してない。コモンのお母さん役にフィリシア・ラシャド。男の子のお母さんというのが良く出てましたね。NBAの選手も多くキャメオ出演。ジョン・レジェンドまで一瞬出てきます。

物語はラブコメなのでラストまで簡単に読めてしまいますね。でもラティファが見事な位に35歳のシンデレラを演じているのですよ。ラティファの境遇には大きく頷いてしまう女性も多いかもとも思いました。ラティファのラブコメは嫌いじゃない。割りと面白いし好き。でも私だけかもしれないけれど... 何か見ている方が照れちゃうんだよね。ベッドでラティファがはしゃぐシーンは、主人公の気持ちは痛い程分かるんだけど...笑ってしまう。ラストもカッコイイんだけど、何か照れちゃう。昨日見た「Takers / テイカーズ (2010)」のマイケル・イーリーとゾーイ・サルダーニャのキスシーンはウットリだったのに。そういえば「Last Holiday / ラスト・ホリデイ (2006)」を見た時も照れた気がする...

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:DVDにてテレちゃうペロンチョ鑑賞)