SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hope & Redemption: The Lena Baker Story / 日本未公開 (2008)

Cast >> Tichina Arnold (Lena Baker), Peter Coyote (Elliot Arthur), Michael Rooker (Randolph County Sheriff), Beverly Todd (Lena's Mother), Randy McDowell (Lyle Jacobs) ...
Director >> Ralph Wilcox
Writer >> Ralph Wilcox
Producer >> Ralph Wilcox, Dennis Johnson
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Locked up in vicious circle and discrimination, and die in vain
1944年4月30日、ジョージア州の小さな町に住んでいたレナ・ベイカー(ティチナ・アーノルド)は服を血で染めて製粉所から飛び出してきた。そこにはやはり血で染まった白人の男性(ピーター・コヨーテ)が倒れていた。レナはその男からずっと性的にそして精神的にも苦しめられ、3人の子供が待つ家には帰してもらえず、ずっと製粉所に閉じ込められていた。レナはその男の息子から足の悪いその男の世話をする事で、他の仕事よりもいい賃金を貰う事を約束されていたのだった。

この物語の主人公となるレナ・ベイカーは実在した人物で、ジョージア州電気椅子で死刑となった最初の女性であり、未だに唯一の女性である。この映画は非常に難しい問題を我々に突きつけてくる。確かにレナ・ベイカーは若い時には間違いを沢山犯し、決して褒められるような女性ではなかった。弱い部分が沢山あった。町で元々評判の悪い男の世話をいいお金で頼まれた。きっと息子はレナの弱い部分に漬け込んだ所もあると思う。だからあのような悪循環に陥ってしまった。でも彼女の状況ではどうする事も出来なかった。
この映画の優れた部分はレナを聖人として描かなかったけれど、残された家族の為に素晴らしい母親をして描いた部分。そしてレナにメガネを上げた白人男性がいた事や、マイケル・ルーカーが演じた保安官のような微妙な立場の人を描いたことで全ての白人男性を悪く描かなかった点がある。

こういう歴史を見せられると、とても深く考えさせられてしまう。間違った歴史は繰り返されてはならないと言うが、これと似たような事件は世界各地でまだ起きている。その問題点を突きつけられて、胸が抉られる思い。

(9/18/10:DVDにて鑑賞)