SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Lottery Ticket / 日本未公開 (2010) 768本目

アイス・キューブ兄貴最新作!でもその兄貴の前作「Janky Promoters / 日本未公開 (2009)」がとんでもない駄作だったので、あまり期待はしてなかった。さすがの兄貴もグルーヴを失ったんじゃないかと感じていたのです。この前出た新譜も悪くはないけど、最高じゃなかったし。しかし!Aniki Got His Groove Back!!兄貴節の面白い作品でした。でもそれには理由があって...「Friday / friday (1995)」とまんま同じと言ってしまえば、そうなんです。あ、でも「Friday」でも一番最初の一番面白かった「Friday」ね。でもまんま同じかもしれないけど、大人の兄貴だって成長していているのです。兄貴の映画と言えば、イジメっ子キャラね。今まで、Tom Lister Jr. (トム・リスター・ジュニア)や、テリー・クルーズと言った人々がイジメっ子キャラとして成長。テリー・クルーズに至っては、コメディだけでなく、スタローンの「エクスペンダブルズ」にてトークンブラック(嫌味)でアクションスターとして堂々登場!日本配給ではその姿と名前をポスターから消されてしまったけどさ...(しかもアメリカでは伏せられていたサプライズゲストが日本では堂々と宣伝で名前を使われるってどうなのよ!!)今回は今までの中のいじめっ子キャラの中でも最強ね。オスカー会員でもある割りと大物俳優がゲスト出演しているんですが、その人との絡みは最高でしたね。激しく笑った。ラッパーのGucci Maneにそっくり。

バウワウとブランドン・T・ジャクソンのコンビも中々。2人は「Roll Bounce / ロール・バウンス (2005)」で共演しているのもあってコンビネーションが抜群。ブランドン・T・ジャクソンも色んな映画に出てるからかなり成長しているね。若い頃のマーロン・ウェイアンズみたい。「Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009)」ではリル・キムを演じていた元3LWのナチュリ・ノートンも良い。いい女優に成長したのを見ると、3LWなんて爪弾きにされて逆に良かったんだと思う。実はマイク・エプスはあんまり好きじゃなかった...というか彼で笑った事なんて無かったんだけど、今回は笑った。見直した。テリー・クルーズとかチャーリー・マーフィの使い方も絶妙で笑った。もう今回はとにかくキャスティングが絶妙で上手かった。ロレッタ・ディバインのオバアちゃん役も最高!Tペインは演技は最高に下手だが、キャラが上手く立った感じ。兄貴が彼のキャラを上手く使ったんですわ。

とは言え、やっぱり兄貴ですよ。最後は兄貴が... 兄貴の言いたい事が伝わってくる作品。やっぱり兄貴に付いて行こうと思う!兄貴〜!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:劇場にてチェリーコークビーフジャーキー食べながら鑑賞)