SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sara Gomez: An Afro-Cuban Filmmaker / 日本未公開 (2005) 743本目

アメリカからは近いようで遠い国キューバ。その国で女性として初めて映画監督となったのが、このサラ・ゴメスという女性。タイトルでも分かるように彼女はアフロキューバ人。所謂、キューバの黒人。そのサラが活躍していたのが60年代半ばから70年代。これからという時に31歳という若さで亡くなっております。その若き女性は、キューバでの黒人が抱える問題点などを描きたいと果敢に映画の中でチャレンジしていたようです。彼女が作った実際の映画は見た事ありませんが、このドキュメンタリーでは資料として所々を見る事が出来ます。凄いです。ものすごくカッコイイ。でも彼女自身は貧しい家から出た訳じゃなくて、中産家庭で育ったとの事。でもかなり破天荒。最後の夫となった男性は、一緒に映画に作ってる時に知り合った音響関係の人物。出会った頃は、まだサラは別の男性と結婚していたそう。ワイルドだね。でもその破天荒ぶりが、彼女の作品の芸術性をより一層際立てているように感じました。とにかくスクリーンの絵がカッコイイ。そういう映画をね、アメリカではまだメルヴィン・ヴァン・ピープルスの「Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971)」が出来てなかったからね。そういう事実が更にカッコイイ。

今回のドキュメンタリーはスイス人の若い女性がキューバのサラの遺族達に話しを聞いています。その最後の夫や息子や2人の娘達が登場してきます。最後には遺族がサラが映画の撮影に使った場所や出演者達に会いに行って話しを聞いたりしてます。息子は今ミュージシャンで、彼のバンドのリードボーカルの女性もサラに影響を受けた事を語ってました。彼女はキューバらしいドラムのリズムでラップする女性。その彼女が「今我々は黒人としてのアイデンティティを発展する過程に居る」と語っていた。そして最後には最後の夫は映画を撮られていて懐かしくなったのが、撮影場所に乗り込んだ時には音響の手伝いしてました。

ヨルバという言葉が何度か出てきた。アフロ・キューバ人にはヨルバの宗教が根付いているらしい。そしてやはりキューバの黒人もドラムと密接。今ではヒップホップだって根付いている。そして最後はボブ・マーリーの「No Woman, No Cry」でみんな踊る。そしてサラの娘が着ていたTシャツにはなぜかハングル文字が書いてあった。キューバってやっぱり近いようで、まだまだ知らない事が沢山あるみたい。でもすごく近づけたと思う。とにかくサラ自身の作品を見たいと心から思った。

感想はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにてムーチョ鑑賞)