SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Spinning Into Butter / 日本未公開 (2007)

Cast >> Sarah Jessica Parker (Sarah Daniels), Miranda Richardson (Catherine Kenney), Beau Bridges (Burton Strauss), Mykelti Williamson (Aaron Carmichael), Paul James (Simon Brick) ...
Director >> Mark Brokaw
Writer >> Rebecca Gilman (play), Doug Atchison
Producer >> Roger Howe, Sarah Jessica Parker, Ryan Howe

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Compromise
バーモントにあるベルモント大学で黒人学生のサイモン(ポール・ジェームス)が何者からか「サンボ」と書かれたメモを受け取り、その後も同様の嫌がらせを受けた。学部長のサラ(サラ・ジェシカ・パーカー)は事件の修復に努めるが、それは彼女自身の過去にも向き合う事になる...

大学という大人の第一歩を踏み出した社会で起きるヘイトクライム。「Higher Learning / ハイヤー・ラーニング (1995)」でジョン・シングルトンが描いたように、その社会もまた人種によって綺麗に分かれているのが現状である。その大学の学生達をまとめる大人達。その大人達にも過去がある。差別される側である黒人のストレスを描いているようで、その中で感じた白人側のストレスを描いているように思えた。そのストレスを吐き出す台詞は中々興味深い。また「ハイヤー・ラーニング」では、アジア人学生はアジア人グループの中で「マイノリティ」の一部ではあるが「マイノリティ」の意識がないように思えたが、今回はあくまでもマイノリティの一部として描かれている点も興味深い。やはりマジョリティからしたらマイノリティはみな一緒なのだという事だ。

しかしドラマとして最後は台詞に頼りすぎていてあまり上手に核心をついて描かれていない。結局やっぱり主人公が成長したように見せて、実際には逃げたようにも思えた。この映画自体が問題に立ち上がろうとは思っていないのだ。妥協点が多すぎた。

(9/20/09:DVDにて感想)