SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Welcome Home Brother Charles / 日本未公開 (1975) 731本目

B級映画の帝王ジャマー・ファナカ監督の長編デビュー作品。UCLAの映画科に通っている時に作った作品。クラスメートだったチャールズ・バーネットがカメラで参加。贅沢。もうB級作品としては完璧!!だって大きなおち○ちんが復讐で人を殺しちゃうんだよ!!

そこにジャマー・ファナカ特有の生々しい刑務所や警官からの虐待等の映像が入ってきます。刑務所のシーンは今回はモンタージュ写真の繋ぎ合わせ。これが中々良い。最高ですね。オープニングも大きなおち○ちんが特徴的なアフリカ彫刻とアフリカを感じさせるのだけど奇妙な音楽から始まります。この音楽は後でも効果的に使われてます。

物語もいいですね。ブラックスプロイテーション時代に作られた復讐劇と似ているけど、ピリリと辛目。チンピラのチャールズが捕まるが、運悪く差別主義の警官だったので、車の中で嫌がらせで大事な所を剃り落されてしまう。しかしそれにより特殊能力が宿ってしまう。とまあブラックスプロイテーションでは普通に聞こえるかもしれませんが、その差別主義者の警官の妻は満たされずに黒人男性と浮気。これはチャールズが剃り落されてしまう後に分かった事。そして警官達が張り込みしていた時に黒人の女性を買いに来るのが、それはチャールズの裁判の判事でもあり、彼もまた差別主義者だった。結構色んな事が絡んできます。たんなる復讐劇とは違って、最後には特殊能力を宿してしまいますが、それまでは普通の都会に住む黒人青年を通してみる都会の生活や黒人の経験を見せられている気がしました。最後も実に切ないです。愛のあるセックスの時と愛の無い時の差がいいですね。

ちなみにこの映画に出てくるトゥワイラという名前はジャマー・ファナカの娘さんから付けられたのか、娘さんに後でつけたのか...どっちかぽい。とにかく同じ名前の娘さんが居る。

ジャマー・ファナカは妄想で映画を書いてます。大きなおち○ちんが人を襲うなんて事を考えたファナカは相当だね!下がその襲っている様子の写真。分かりにくいかもしれないけど、首に巻きついてるのが分かるかな??

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)