SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Love for Sale / 日本未公開 (2008) 710本目

陽気なラブコメディです。ジャッキー・ロングとジェイソン・ウィーバーという、プチ「ATL / 日本未公開 (2006)」同窓会でもあります。と言っても余り有名じゃないですよね。ジェイソン・ウィーバーは90年代初期から歌手や俳優として活躍する芸歴が長い俳優。でも見た目はその頃から全然変わらない!童顔の可愛子ちゃんです。「The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992)」では小さい頃のマイケル・ジャクソンを吹き替え無しで演じてましたね。ジャッキー・ロングは二代目マイケル・ライト(日本映画「ベットタイム・アイズ」の主役)ですね。若いのに声が超渋い!そして元セリーナ・ウィリアムスの彼氏。セリーナとは割りと長く付き合っていたけど、別れちゃいましたね。この頃じゃないかな?別れたの(適当)。そのジャッキー・ロングが主役。歌手のマイヤがお相手役。そして有名人との数々のスキャンダルがあるメリッサ・フォードも出演。

と、出演者だけで中々のB級...いやC級の臭い。と口の悪い私。ジェイソン・ウィーバーは上手いけどね。監督がラス・パー!って、知らないよ!!!!!そうだよね、知らないよね。C級だね。本当は人気ラジオパーソナリティ、そしてインディペンデントの監督で私も「The Last Stand / 日本未公開 (2007)」位しか知らない。というか、それが映画監督デビュー作。この映画が2作目なんです。前作「The Last Stand / 日本未公開 (2007)」ではスタンダップコメディアンを主役にして、コメディという華やかな世界をダークに描いた作品でした。今回は恋愛をテーマに逆に明るく描いたコメディ。恋愛の部分を期待して見ると、実にツマラナイかもしれないけれど、コメディとしては中々面白い!くだらないと思いつつ、ついつい笑ってました。「Doubt & K-3」というラップデュオが出てくるんですが、この2人が漫才みたいに掛け合っていて笑ってしまいます。特にDoubtのキャラはフレイヴァー・フレイヴとかリル・ジョンのキャラを足した感じ。バカだけど憎めないタイプの男で、最後にいいんだこの男が。この男が泣かすとは思わなかった!「Frankenhood / 日本未公開 (2009)」のエンジェル・コーンウェルはニッキー・ミナージみたいで可愛い。


この手のB級・C級・Z級の映画にはお馴染みのクリフトン・パウエルも登場。ジャッキー・ロングとジェイソン・ウィーバーが働いているBBQ屋さんで働いている。ちなみにウィーバーの役はこのお店の店主である白人夫婦の養子。この白人夫婦が所謂ウィガー(Wigger/黒人の真似する白人)で笑える。クリフトン・パウエル演じる役はアフロセントリック(アフリカ回帰)な人で、黒人の現状や歴史をこの白人の店主に語り始めると、その店主は同情でいつも泣いてしまうというオチ。2人でチットリンを洗うシーンとかまである。

ラス・パーは「コメディ」という物を扱うのが上手いですね。今回は大笑いさせて頂きました。でも先に書いたように、ラブロマンスを期待すると...失敗するでしょう。中々、サクサクと観てしまうと思います。全然良い映画という訳じゃないですよ。でも確実に楽しめるとは思います。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)